住まいのコラム

子供のおねしょ、おむつ漏れ対策は防水フラットシーツが絶対おすすめ!

投稿日:

夜もおむつが外れたと思って油断したらおねしょをしたり、おむつをしていてもおむつ漏れをしたり、小さい子供がいれば誰しも濡れたシーツや布団の処理に悩まされたことがあるでしょう

敷パッドでおさまってくれれば洗濯すればいいけど、敷布団まで濡れてしまうとシミになるし買い替えが必要なこともあって頭を抱えてしまいますよね。

我が家では、子供が快適に寝るため、私の精神衛生のため、tocoとふんわり生活の『防水フラットシーツ』を導入しました。

結果、いつするかわからない子供のおねしょやおむつ漏れで、敷布団が濡れることがなくなりました

同じ悩みを持つ保護者の方々にぜひ紹介したいので、我が家愛用のtocoとふんわり生活の『防水フラットシーツ』について書きますね。

 

止められない子供のおねしょやおむつ漏れ

止められない子供のおねしょやおむつ漏れ子供の夜の排泄は脳の発達が関係しているそうで、昼間のおむつを外すように訓練でなんとかなるようなものではありません。

「もうおむついらないかなー」と思ってパンツで寝かせた途端におねしょ!

おむつで寝ていても、寝相やおしっこの量によっては漏れて服も布団もアウト!

なんてことも子育てあるあるですよね。

たまにするおねしょのためにおむつを買い続ける?

おむつ漏れしないように夜中や明け方に何度もおむつ替えをする?

どちらもお金と体力が持ちそうにありません

さらに、こちらも安心して眠れないので辛いですよね。

 

子供のおねしょやおむつ漏れで敷布団が濡れると重労働

子供のおねしょやおむつ漏れで敷布団が濡れると重労働我が家の次男は数週間に1回おねしょがあるかないかといった状態で、そのためだけにおむつを買い続けるのもお金がもったいない気がしていました。

濡れていないからといって、何日も同じおむつを使うなんて不衛生ですしね。。。

かといって、パンツで寝かせておねしょとなると被害が大きすぎます

敷布団まで濡れると朝から重労働ですよね。

そして、寒くなってくるとおしっこの量が増えるのか、末っ子のおむつ漏れが頻繁に起こるようになりました。

服も布団も濡れて、おむつの意味ないじゃん!と叫びたくなったことも。

気付けば漏れる前に夜中や明け方のおむつ替えが可能ですが、こちらも寝ているので朝まで気付けず。。。

朝気付いたときにはもう敷布団までいっちゃってることもしばしば。。。

そういったことから解放してくれたのがtocoとふんわり生活の『防水フラットシーツ』でした。

 

子供のおねしょ対策に◎tocoとふんわり生活『防水フラットシーツ』

子供のおねしょ対策に◎tocoとふんわり生活『防水フラットシーツ』

商品概要

  • 裏側ゴム仕様
  • 素材:パイル綿
  • シングルサイズ¥1,480
  • 4カラー展開:ピンク、ブルー、モカ、イエロー

tocoとふんわり生活『防水フラットシーツ』は、表面(体に密着する面)のパイル部分は綿100%、裏面(敷布団に密着する面)はポリエステルの防水加工がされています。

水を通さないので、おねしょやおむつ漏れがあっても敷布団は無事というわけです。

お値段もお手頃価格で、楽天市場にて1枚¥1,480で購入しました。

ピンクブルーモカイエローのカラーバリエーションがあるので、子供と一緒に好きな色を選べます。

裏側ゴム仕様なので、布団にもマットレスにもつけられて、取り付けや取り外しも簡単です。

 

子供のおねしょ対策tocoとふんわり生活『防水フラットシーツ』おすすめポイント

子供のおねしょ対策tocoとふんわり生活『防水フラットシーツ』おすすめポイント

ポイント

  • リーズナブル
  • 敷布団完全防備
  • 洗濯機で丸洗いできる
  • つけ外し楽々
  • ズレない
  • サイズ豊富
  • 扱いやすい薄さ

防水シーツは介護用から子供のおねしょ用など、いろんな種類がありますね。

さまざまな企業がさまざまな商品を販売しています。

数ある商品のなかからなぜtocoとふんわり生活の防水フラットシーツを選んだのかを、子育て目線で説明します。

 

リーズナブル

リーズナブル一番惹かれたのは値段です。

防水シーツはシングルサイズで約¥2,000~3,000かそれ以上するのが一般的ですが、こちらはシングルサイズが1枚¥1,480で購入できました。

他の防水シーツより安いのはもちろん、おむつ買い続けるよりよっぽど経済的です。

防水シーツを初めて使用する方にとっても、気軽に試せる値段なので魅力的ですよね。

 

敷布団完全防備

敷布団完全防備安いからそんなに期待してなかったのですが、全然水を通さないので敷布団がおねしょで汚れることはありません

表面の綿部分が水分をキャッチしつつ、防水加工された裏面で敷布団まで浸透するのを防いでくれます

水を通さないからといって、水が弾きっぱなしということもありません。

リーズナブルなのに役目はちゃんと果たしてくれます

 

洗濯機で丸洗いできる

洗濯機で丸洗いできる汚れても洗濯機で丸洗いできるのか否かは選ぶ際の重要なポイントですよね。

こちらの防水フラットシートは洗濯ネットに入れれば洗濯機で洗えるので、忙しい朝でもとりあえず洗濯機に突っ込んでおけるので便利です。

 

つけ外し楽々

つけ外し楽々敷きパッドと同じで裏側ゴム仕様なので、つけ外しが簡単にできます。

汚れてもさっと外せて、つけるときもさっと装着できるので時間に追われる子育て中でも楽に使用できます。

 

ズレない

ズレない子供は寝ている最中もよく動くので、防水シーツがズレてしまわないか心配でした。

せっかく防水シーツ敷いてるのに、ズレたせいで敷布団が濡れてしまうことになったら途方に暮れるしかありませんよね。。。

しかし、この商品は全然ズレなかったので我が子のように寝相が悪くても大丈夫。

寝ている本人が布団自体からはみ出しさえしなければ、おねしょの被害は防水シーツのみで留まってくれます

 

サイズ豊富

サイズ豊富我が家が購入したシングルサイズ以外にも、ベビー布団用やハーフ、ダブルやセミダブルなど、細かく区切られたサイズが11種類もあります。

その家庭にあったサイズが選べるのは嬉しいポイントですよね。

 

扱いやすい薄さ

扱いやすい薄さ防水シーツといえば分厚いイメージがあったのですが、この防水フラットシーツは薄めになっています。

なので、真夏はクール素材の敷パッドを、真冬は暖か素材の敷パッドを重ねることもできます。

もちろんそのままでも使用可能ですが、好みに合わせてカスタマイズできるのはポイント高いですね。

洗濯のときもかさばらないので助かります!

 

子供のおねしょ対策tocoとふんわり生活『防水フラットシーツ』デメリット

子供のおねしょ対策tocoとふんわり生活『防水フラットシーツ』デメリット

防水フラットシーツデメリット

  • 乾きにくい
  • 洗濯時に防水面は脱水されず雫が垂れる
  • 肌ざわりごわごわ
  • 薄い

ほとんど満足していたのですが、使用するなかで改善してほしいポイントも出てきました。

目的だった敷布団を汚さないことが達成されていますが、気になることは気になるもの。

商品を選ぶ上で参考になると思うので、私が思うデメリットを紹介します。

 

乾きにくい

乾きにくい

防水シーツなので撥水は悪いようです。

お天気のいい日に1日干していても、湿っている部分が少しあったりします。

なので、洗い替えは必ず必要になりますね。

速乾タイプも販売しているようなので、気になる方はチェックしてみってください。

tocoとふんわり生活『防水フラットシーツ』速乾タイプはこちら

楽天市場】防水フラットシーツ 乾きの早いデイリータイプ

⇒【amazon】防水フラットシーツ 乾きの早いデイリータイプ

 

洗濯時に防水面は脱水されず雫が垂れる

洗濯時に防水面は脱水されず雫が垂れる裏側の防水加工されている面は水を吸収も発散もしないので、洗濯時に脱水しても雫が垂れるほど濡れています

干す際にぽたぽたと水が落ちるので、気を付けなければ床が濡れてしまいます。

なので、洗いたては部屋干しもできないし扱いづらい部分があります。

 

肌ざわりごわごわ

肌ざわりごわごわパイル部分は綿100%とはいえ、少しごわごわした触り心地です。

他の敷きパッドと比べると圧倒的に肌ざわりが劣るので、寝にくいと感じる人もいるかもしれません。

 

薄い

薄い他の敷きパッドと重ねることも可能だし、洗濯の時もかさばらないので、私は薄さを評価していますが、気になる人は頼りなく感じるかもしれません。

口コミでも、少数ですが“すぐ穴があいた”などの書き込みが見受けられました。

耐久性などを考えると分厚い方が良いかもしれませんが、利用し始めて半年の我が家ではまだ破れたりなどはありません。

 

tocoとふんわり生活『防水フラットシーツ』おすすめ購入方法

tocoとふんわり生活『防水フラットシーツ』おすすめ購入方法

  シングルサイズの価格 送料 備考
amazon ¥1,480 対象商品¥2,000以上無料  
楽天市場 ¥1,480 シングルサイズ2枚以上無料 通常¥6,480以上送料無料
Yahoo!ショッピング ¥1,480 ¥650 ¥6,480以上送料無料

tocoとふんわり生活『防水フラットシーツ』のおすすめポイントやデメリットを紹介してきました。

欲しい!と思った方のために、おすすめ購入方法を紹介します。

有名どころの通販サイト、amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの3つを比較してみました。

tocoとふんわり生活は主に自社工場で製造したものを販売する会社なので、どの通販サイトでも販売元はtocoとふんわり生活です。

そのため、商品価格はどのサイトもあまり変わらないので、送料に注意しましょう。

 

他サイズや他商品も欲しいならamazon

amazonでは、対象商品¥2,000以上購入すると送料が無料になります。

シングルサイズ以外のサイズが欲しい、他の対象商品とまとめて購入したい、などであればamazonがおすすめです。

サイズ違いを¥2,000以上購入するもよし、他商品とまとめて¥2,000以上にするもよし。

条件が¥2,000以上なら、シングルサイズ2枚など好きな組み合わせにしたりファミリーサイズなどの大型サイズを購入したりで、簡単に送料無料を狙えるでしょう。

 

シングルサイズ2枚以上で楽天ポイントユーザーなら楽天市場

楽天市場ではシングルサイズ2枚以上で送料無料となっているので、シングルサイズが2枚以上欲しい場合は楽天市場でも良いでしょう。

楽天ポイントユーザーであればポイントを貯めたり使ったりができるのが嬉しいですね。

楽天市場のtocoとふんわり生活は通常であれば¥6,480以上で送料無料なので、¥6,480以上になるなら他商品や他サイズと組み合わせて買ったりなどしても良いでしょう。

 

Yahoo!ショッピングはおすすめしない

Yahoo!ショッピングで送料無料にしようとすると、tocoとふんわり生活で¥6,480以上お買い物するしかありません

Tポイントが使えたり貯まったりするので、Tポイントユーザーでかつ¥6,480以上購入する場合はYahoo!ショッピングでも良いかもしれませんが、それ以外であればamazonか楽天市場が良いでしょう。

 

子供のおねしょ対策にtocoとふんわり生活『防水フラットシーツ』を使うようになって

子供のおねしょ対策にtocoとふんわり生活『防水フラットシーツ』を使うようになっておねしょやおむつ漏れが心配で不安な夜を過ごす日々だったので、夜に子供に水分を与えるのをためらうなどもありました。

しかし、tocoとふんわり生活『防水フラットシーツ』のおかげで「ドンと来い!」という気持ちになることができました。

数週間に1回という頻度のために次男のおむつを購入することもなくなり、経済的にも助かっています

また、次男はおむつではなくパンツで眠れることが嬉しいようで、次男にとっても良かったと思っています。

 

tocoとふんわり生活『防水フラットシーツ』の全体的な評価(★★★★☆)

tocoとふんわり生活『防水フラットシーツ』の全体的な評価(★★★★☆)tocoとふんわり生活『防水フラットシーツ』には概ね満足しているのですが、干すときに雫が垂れるのが面倒で泣けます。

防水面が高性能であることの証でもあり、洗濯の際に扱いにくい部分でもあり。。。

防水性能を落とさずに、もう少しなんとかならないかなーと思うので★-1です。

 

まとめ

子供のおねしょやおむつ漏れ対策にはtocoとふんわり生活『防水フラットシーツ』がおすすめです。

表面は綿、裏面は防水加工がされていて、裏側ゴム仕様なので普通の敷きパッドのように扱いやすい商品となっています。

ミニサイズからファミリーサイズまで、11展開とサイズが豊富なので家庭に合わせて選べます。

リーズナブルなのにちゃんと役割を果たしてくれるので、コスパ最強の商品です。

肌ざわりがごわごわしたり、薄さが気になる人がいたりなど、それなりにデメリットもありますが、保護者の敷布団が守られる安心感、子供のパンツで眠れる喜び等々を考えると、値段以上のものを感じます。

購入方法はamazonか楽天市場で、送料無料を狙って購入するのがお得です。

-住まいのコラム

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.