土地を売却するなら、査定相場と価格がすぐにわかるサイトを利用しましょう

土地を売却するなら、査定相場と価格がすぐにわかるサイトを利用しましょう土地を売却しようとする方にとっての一番の悩みは、見込まれる売却価格が分からないことでしょう。

 

不動産、特に土地は個々の個性が強いものですから、一概にその地域の相場通りとはいきません。

 

一戸建てやマンションは中古市場がある程度発達していますし、情報も豊富に揃っているのでだいたいの相場感が分かります。

 

しかし、土地は買い手が個人か法人か、狭小地か広大地か等の条件によってケースバイケースであり、土地売却のプロである不動産会社に査定を依頼しても、かなり査定価格にバラつきがあります。

 

なぜなら不動産会社によっても得意な分野というものがあり、土地売却を数多くこなしている会社でなければ相場を掴んでいないからです。

 

また大手不動産会社であれば良いかといえば、そうでもありません。

 

大手よりも地域密着型の中小不動産会社のほうが地元の事情に精通しているので、精度の高い査定をしてくれる場合もあります。

 

 

このようにバラつきのある土地売却価格を見極めるためには、不動産一括査定サイトに登録して複数社に査定を依頼する必要がありますね。

 

 

土地を高く売却する為に必ず行うべき3つのポイント

1社の見積もりで満足しない
不動産一括査定サイトに登録して複数の見積もり査定額をもらう
複数の不動産会社の見積もり査定額を比較する

 

不動産一括査定サイトなら、査定相場や価格もわずか60秒ほどでわかります

 

手間をかけることなく無料で利用でき、複数の不動産会社の査定には数百万円もの差がつくこともあります。

 

土地の売却を検討しているなら、損をしないように利用してみましょう。

 

 

土地売却する為の不動産一括査定サイト人気ランキング

 

イエウールで土地を売却するメリット

不動産売却・不動産査定なら「イエウール(家を売る)

イエウールは、日本全国のエリアをカバーしている不動産一括査定サイトです。

 

特徴としては大手不動産会社は無論のこと、地域に根ざしている中小業者と多く提携していることがあげられます。

 

土地売却はその地域ごとに取引状況や事情が異なりますので、地元密着型の中小業者にお願いすることが有利に働く場合が多いようです。

 

なぜならそのような中小業者は地元の有力者資産家との太いパイプを持っていますから、土地を欲しがっている買主さんを見つけやすい傾向にあるからです。

 

イエウールは大阪や名古屋といった大都市圏だけでなく、栃木県や岐阜県等まで広く提携を結んでいるのが強みですね。

 

土地売却,査定,相場,価格

 

 

 

株式会社Q・イエイ不動産売却査定で土地を売却するメリット

不動産&マンション売却|無料オンライン一括査定 - イエイ

イエイ不動産売却査定は北海道から沖縄まで、日本全国の不動産会社と提携している不動産一括査定サイトです。

 

土地売却では、悪質な業者が過度に低い価格で買い取ってしまうという事例があります。

 

特に最近は地価が高騰しはじめているということもあり、かつての地上げ行為に似たことが行われています。

 

しかし、イエイ不動産売却査定は優良な不動産会社を厳選して提携していますから、安心して査定を依頼することができます。

 

また万が一、過剰な営業活動等の不愉快なことがあった時でも、イエイ不動産売却査定ではお断り代行サービスもあるので信頼できますね。

 

土地売却,査定,相場,価格

 

 

 

オウチーノで土地を売却するメリット

土地売却や土地査定なら【O-uccino(オウチーノ)】〜不動産の買取・売却査定はおまかせ

オウチーノは提携数や取り扱い数で日本有数規模を誇る、不動産一括査定サイトです。

 

北海道から沖縄まで全ての都道府県に提携会社がありますので、どの地域の土地でも一括査定を申し込むことができます。

 

また、オウチーノは、購入から賃貸まで総合的な不動産関連サービスを展開しています。

 

例えば土地を売却して新しい住まいに買い換えたい、リタイア後に都会の住居を売却して田舎暮らしを始めたい等の、様々なニーズに応えたサポートをしてくれます。

 

土地を売却するだけにかぎらず、不動産に関わる相談事がある場合に相談してみるのはいかがでしょうか?

 

 

土地売却,査定,相場,価格

 

 

 

上記サイトに複数登録するメリット

FOR SALE

ここでご紹介している不動産一括査定サイトはいずれも実績・信頼性のあるサービスですが、どれか一つに登録すればOKというものでもありません。

 

なぜなら各査定サイトで提携している不動産会社は、それぞれにバラつきがあるからです。

 

別の項でもお伝えした通り、各不動産会社によって得意とする不動産の種類や地域は異なります。

 

不動産の中でも特に土地は、その性質によっても流通過程顧客層が異なります。

 

例えば30坪程度の土地の場合は、戸建住宅用として個人が購入することが多いでしょう。

 

一方で150坪以上の大規模画地になると、富裕層がマンション用地として購入したり、開発業者が分譲用地として仕入れたりします。

 

あなたの土地に最もマッチする不動産会社を選ぶためには、複数の査定サイトを利用しておくことが望ましいでしょう。

土地売却に適した時期ってあるの?

土地を売却しようと検討するにあたって、売却に適した時期というものがあるのでしょうか?

 

住宅等の他の不動産との比較をしながら見ていきましょう。

 

土地と他の不動産では、取引される時期に違いがある

 

土地と他の不動産では、取引される時期に違いがある

戸建て住宅やマンションの売却をする場合には、転勤や進学等いわゆる人が動く時期である、3月や9月に市場が大きく動くという特徴があります。

 

特に中古住宅の場合は引渡したらすぐ入居ができるということで、急いで引越しを検討している買い手にとっては非常に魅力的です。

 

場合によっては、売り出してからあっという間に契約に至ることも多いようです。

 

しかし、土地の売却の場合はというと、 必ずしもこのような時期に取引が活発化するわけではありません

 

なぜなら土地の場合、買い手が購入してもそこから新たに建物を建築する時間が半年〜一年かかるため、タイミングを計りにくいという傾向があるからです。

 

むしろ土地を購入しようとしている買い手は、時期にかかわらず一年を通じて目的に合う土地を探している傾向にあります。

 

したがって売り出し中の土地を比較してじっくりと時間をかけて検討する買い手が多いですから、売り出し期間もそれなりに長くなる傾向にあります。

 

特に農地等のまとまった面積をもつ広大地を売却する場合には、交渉期間も含め1年以上の時間がかかります。

 

土地の売却を検討されている方は、なるべく早め早めの行動が必要になりますね。

 

2015年の相続税増税は土地売却のチャンス

 

2015年の相続税増税は土地売却のチャンス

土地売買取引が活発になる時期として大きなものに、税制が改正されるタイミングというのがあります。

 

すなわち増税等が予定されている場合は、その前後に購入しようとする駆け込み需要が起こるからです。

 

 

 

我が国では、2015年に相続税の増税が決定しています。

 

この時期に合わせて、土地等の不動産取引が次第に活発化してきています。

 

何故かと言うと、現金や銀行預金等の流動資産の場合、相続が発生した場合にはその価額について100%が課税対象となります。

 

しかし、その現金等を使って土地を購入し、投資用マンション等を建築することで課税対象額は相当程度削減されます。

 

多額の資産を保有する資産家等は、このような方法で節税対策を行っているわけです。
したがってこの相続税増税というタイミングで、不動産を購入しようとする買い手が多く現れると考えられます。

 

土地を売却する側としては、このような時期をうまく捉えて買い手を見つけるということが望ましいでしょう。

 

このように取引が活発になる時期では取引価格も高騰する傾向にありますので、思ったよりも高い水準で売却されることが多いようです。

 

早めに不動産一括査定サイトで査定申込をしておくといいでしょう。

いずれにしても売却のためにはまず査定を依頼し、不動産会社との仲介契約・契約に係る手続等多くのステップを踏む必要があります。

 

前述のとおり土地の売却は、売り出しから契約に至るまで時間がかかる傾向があります。

 

したがって検討段階から、早めに不動産一括査定サイトで査定申込をしておくと良いでしょう。

土地売却は大きな金額が動く取引ですから、その流れも複雑です。

 

以下にステップごとの流れを示していますので、ご参考にしてみてください。

 

売却価格査定

 

売却価格査定

不動産会社に向けて、土地の売却価格がどれくらいになるかという査定を依頼します。

 

この時、簡易的な机上査定と詳細な訪問査定の2つがありますが、できれば訪問査定をお願いするほうが良いでしょうね。

 

なぜなら、訪問査定は不動産会社の担当者が土地を現地調査した上で査定を行いますので、少し時間がかかりますが実情を踏まえた丁寧な査定をしてもらえるからです。

 

また複数の不動産会社に依頼することで、より有利な売却価格を選択することができます。

 

不動産会社との仲介契約〜売り出し

 

不動産会社との仲介契約〜売り出し

複数の不動産会社から実際に売却を仲介してもらう会社を選ぶわけですが、その契約形態には3種類あります。

 

一般媒介契約は、一社に絞らずに複数社と契約できるので各社を競争させるメリットがありますが、会社によってはあまり広告活動等に力を入れてくれないというデメリットもあります。

 

専任媒介契約は一社に絞って仲介を依頼する場合で、宅建業法によって業者側の義務が強くなる傾向があります。

 

通常はこの専任媒介で契約することになるでしょう。
専属専任媒介契約はより強く業者側の義務が生じますが、あまり一般的ではないようです。

 

以上の仲介契約が完了したら、土地の売り出しが開始されます。

 

買い主の買い付け申し込み〜契約

 

所有権移転登記〜引渡し

売り出した土地を欲しいと思った買い主から、まずは買い付け申し込みという書面が提出されます。

 

ここで希望価格や引渡し時期等を検討するわけですが、同時に買い主からの細かい条件希望にもなるべく応じるようにしましょう。

 

例えば現地を見て確認したいという希望があれば、ぜひ応じて可能ならば立ち会うようにしたほうが良いです。

 

買い主の疑問点にもその場で回答することができますし、人柄熱意等から信頼できる買い主かどうかを判断することができますので。

 

売却価格等で合意が取れたら、同意書を取り交わして実際の売買契約に移ります。
この時の細かいスケジュールや必要書類等は、仲介の不動産会社と相談しながら準備しておくと良いでしょうね。

 

所有権移転登記〜引渡し

 

所有権移転登記〜引渡し

売買契約書を取り交わしてすぐに、法務局で所有権移転登記を行います。
もし住宅ローンによる抵当権が設定されている場合は、抹消登記手続きを先んじて行います。

 

登記手続きは契約者本人で行うこともできますが、通常は司法書士に委託します。
すべての手続きを終わった時点で引渡し完了となるわけですが、土地上に残置物がないか確認しておきましょう。

 

建物等の残骸は売主が責任をもって処分しなければなりませんから、放置しておくと後々のトラブルの原因となります。

 

売却代金の残金振り込みが留保されるといったこともありますので、スムーズな引渡しができるように心がけておきたいものです。

 

複数社を比較することで信頼できる会社を選んでください。

以上おおまかな流れをご説明しましたが、住宅ローン設定等がある場合もっと複雑な手続きを踏みます。

 

このような売却手続きの中で頼りになるのは仲介の不動産会社ですから、複数社を比較することで信頼できる会社を選んでください。