家を売るのにもお金がかかる

家を売るときに必要な手数料

 

家の修繕や不動産会社へ支払う仲介手数料など、家は売却するためにはいろいろと費用が必要になってきます。
そのため、そういった費用がどの程度かかるかを知っておかなければ、家の売却額によっては利益を得られずをしてしまうこともあります。
では、実際にどういった費用がどのくらいかかってくるのでしょうか。

 

家を売却するときにかかる基本的な費用

家の売却にあたって利益を計算する際は、一般的に以下の費用がかかることを知っておきましょう。

 


不動産仲介手数料 + 印紙税 + 抵当権抹消登記費用 + ローン残高 + 税金 + その他

 

不動産仲介手数料

不動産会社に支払う仲介手数料は、依頼する業者によって変わってきます。
しかし、仲介手数料には上限が定められているため、あらかじめ下記の手数料がかかることを資金計画に入れておきましょう。
<<取引価格×3%+6万円+消費税>>

 

印紙税

印紙税

印紙税は売買契約書には印紙を貼って支払います。
印紙は郵便局などで売っており、税額は契約書に記載される家の売買金額によって変わってきます。

家の売買金額と印紙税額

  • 100万〜500万円 → 2,000円
  • 500万〜1,000万円 → 10,000円
  • 1,000万〜5,000万円 → 15,000円
  • 5,000万〜1億円 → 45,000円
  • 1億〜5億 → 80,000円

 

抵当権抹消登記費用

電卓

借金をした場合、家を担保として確保しておくためのものを抵当権といいます。
住宅ローンを組むために銀行などからお金を借りた場合は、抵当権設定登記を必ずさせられます。
家を売却してローン返済が完了したあと、抵当権の登記を抹消しなければなりません。
それにかかる費用は、不動産1件につき1,000円となっています。
家と土地だと不動産2件ということになり、2,000円かかります。
また、抵当権抹消登記の手続きを司法書士に依頼した場合は、さらに5,000〜10,000円ほど費用がかかります。

 

住宅ローンの返済

問い合わせ

ローンが残っている家を売る場合は、売却完了時に一括返済しなければなりません。
また、繰り上げ返済には事務手数料が必要になってきます。
詳しい金額は金融機関によって違うので、問い合わせてみるのが良いでしょう。

 

関連記事:ローン返済中の家を売却したいとき

 

税金

家の売却価格から売却にかかった費用を差し引いたとき、利益が出ている場合は所得税住民税を支払わなければなりません。
税金が免除される特例などもあるので、適用できるものがないか調べておきましょう。

 

その他

ハウスクリーニング家を売るためにハウスクリーニングリフォームをした場合はその費用が必要です。

 

関連記事:家を売るときハウスクリーニングは必要?-家売却トップページへ

 

また、印鑑証明書など、売却に必要な書類を揃えるのにもお金がかかります。

 

 

次のページへ家を売る時の必要な書類は?