住民票を移すタイミング

住民票の移動はいつまでに必要?

住民票の移動はいつまでに必要?

新しい住まいに引っ越したときは、住民票を新住所に移さなければなりません。
住民票の移動は、転入した日から14日以内にしなければならないと法律で定められています。
引越しから14日以内に行わないと法律違反となってしまい、最高5万円の過料が課せられることもあります。
少し過ぎたくらいであれば役所の窓口で注意を受けるだけで済みますが、数年間手続きを怠るなどした場合は、過料を支払わなければならなくなるかもしれません。
家の売却を伴う引越しでも、転居後14日以内に住民票を移動させましょう。

 

家の売却が完了しないと住民票を移せない?

印鑑

すでに新しい住まいに引越しをしている場合は、家の売却が完了していなくても住民票を移すことができます。
しかし、転出届を出すとその住所での印鑑登録が自動的に抹消されてしまうため、前住所での印鑑証明書がとれなくなってしまいます。
印鑑証明書は必然的に新住所のものを用意するしかなくなります。
売りに出している家の登記簿謄本に記載されている所有者の住所と印鑑証明書の住所が違う場合は、買い手に家を引き渡す際に住所変更登記の申請が必要になってきます。
仲介不動産会社が司法書士を通すなどして代行してくれる場合が多いですが、その分の費用を負担しなければならなくなります。

 

住民票を移すときのポイント

旧住所の印鑑証明書を手に入れておこう

カレンダー

家の売却が完了していない時点で新住所の住民票を移す場合は、転出届けを出す前に旧住所の印鑑証明書を手に入れておきましょう。
家売却において必要な印鑑証明書は、発行日より3ヶ月以内のものです。
3ヶ月以内に家が売却できれば旧住所の印鑑証明書は有効ですので、住所変更登記をしなくても家を引き渡すことができ、余計な費用をかけずに済みます。

 

印鑑証明書発行日から3ヶ月以内に売却できなかったら?

役所

家を引き渡す際に住所変更登記の申請をしなければならなくなります。
新住所の印鑑証明書と住民票が必要になるので、手に入れておきましょう。
変更登記申請は業者に代行してもらうことも可能ですが、簡単な手続きなのであまり費用をかけたくない人は自分で行うのも良いでしょう。
そして、物件ひとつにつき1,000円の登録免許税がかかってきます。
土地と建物を売却する場合は物件数2件と認識されるため、2,000円が必要になります。

 

わずか60秒であなたの不動産の査定額がわかります

イエウール

 

たった60秒の簡単入力で最高値の査定額がわかります。
無料で利用できて、複数の不動産会社の査定額がわかり、一括比較できるので損しないで高値で売却可能です。
どのくらいの差で売却できたのか事例有り。

 

簡単60秒の不動産査定!イエウールはこちら