様々なトラブルが発生する可能性があります

トラブル

土地売却という大きな出来事に際しては、様々なトラブルが発生する可能性があります。
しかしそのようなトラブルは、事前に原因を取り除くことで回避することができます。
以下に事例を挙げながら見ていきましょう。

 

 

希望する価格で買い手が付かない

契約

そもそも売主はその土地に対する思いが強い傾向があり、売却希望価格は市場実勢価格を上回るのが通常です。

 

その地域で対象となる土地がどのくらいの競争力を有しているのか、希少性の有無等について客観的に分析することが必要です。

 

そのような客観的に考えた価格でも買い手が見つからない場合は、仲介する不動産業者に問題があるかもしれません。

 

当初に売却査定を依頼した複数の業者の中から一社を選択するわけですが、一番高い査定額を出した業者が良いとは限りません。

 

とりあえず仲介契約を取るという目的で現実的でない査定額を提示して、実際の販売活動を積極的に行わないような会社も存在するのが事実です。

 

そのようなトラブルを避けるためにも、最初の業者選定では査定額のみではなく、担当者の誠実さ等を総合的に勘案してみてください。

 

例えば基本的な質問をしてみて、その質問に真面目に答えてくれないような会社はあまり信頼できないと考えられます。

 

また仲介契約の形態についても、十分に検討しましょう。

 

他の項でもお伝えした通り、一般媒介契約の場合は複数の会社と契約して競争させることができるというメリットがあります。

 

しかしその分業者側からみると、他の会社が買い手を見つけてしまった場合は骨折り損のくたびれ儲けとなりますから、最初からあまりやる気がないということもあり得るのです。

 

市場の中でもすぐに買い手が付くような魅力的な土地であれば一般媒介契約で構いませんが、通常は専任媒介契約により責任をもって仲介してくれる業者にお願いしたほうが良いでしょうね。

 

 

買い手が色々と要望を出してきて困っている

報告書類買い手が見つかっても、交渉期間の中で要望を出されることがあります。

 

価格面は無論のこと、例えば土壌汚染調査報告書の提出を求められたり、建物の場合は石綿使用調査耐震性能評価等が考えられますね。

 

結論としては、これらの要望には最大限応じるようにしましょう。

 

買主の側から見れば高額の不動産を購入するわけですから、事前に情報を入手しておきたいというのは当然です。

 

このようなやりとりによって売主・買主の信頼関係が深まれば、その後の契約手続きも円滑に進むことでしょう。

 

以上は契約前にすべきトラブル回避法でしたが、次項では契約〜引き渡しに関するトラブルについて見ていきます。

 

次のページ
土地売却における、様々なトラブルとその回避法 その2