家の売却をするにあたって必要な書類

家の販売活動に必要な書類

家の販売活動に必要な書類

家を売却する際、ほとんどの人が不動産会社を仲介して売りに出すと思います。
その際、不動産会社に家売却について相談をしたり、実際に家の査定をしてもらったりするときにあるとスムーズに進行する書類が以下です。
また、以下の書類は不動産会社が家の価格を決定したり、広告や資料を作成したりなどの販売活動において必要な書類となりますので、家の売却を決めたらあらかじめ準備しておきましょう。

 

登記簿謄本(登記事項証明書)

土地や建物の権利関係などが示されている書類です。
管轄法務局にて、窓口や郵送、インターネットなどで請求できます。

 

売買契約書

売りたい家を購入したときに交わした売買契約書です。

 

重要事項説明書

売りたい家を購入した際に受け取っているものです。
物件、契約などに関する重要項目が説明されている書類です。

 

土地測量図・境界確認書

土地の面積が記されている図面です。
管轄の登記所で取得できますが、土地によっては測量図が存在しない場合もあります。
直接窓口に行ったり、インターネットで請求したりなどで手に入れられます。

 

建築確認申請書・検査済書

建物が建築されるときは、どのようなものを建てるか申請しなければなりませんが、その際に使用されるのが建築確認申請書です。
そして、完成したときに申請通りに建築されているか検査を受け、合格すれば検査済書が交付されます。
家の間取りや仕様を確認するために重要になってきます。
原則として再発行されない書類になっているので、紛失しないように注意しましょう。
万一紛失してしまった際は、役所に代わりのものを発行してもらうことになります。
失くしてしまった場合は問い合わせてみましょう。

 

その他

家を購入したときのパンフレットや広告などがあれば用意しておきましょう。
他にも、不動産会社から指示があった書類は事前に準備しておきましょう。

 

家の引渡し、売却時に必要な書類

家の引き渡し

売却に出した家に購入希望者が現れ、いざ売買契約を交わす、または無事に契約を交わしたあと家を引き渡す際に必要な書類が以下です。

 

登記済権利証・登記識別情報

売却する家の内容を確認する書類です。また、所有権の移転登記をするのに必要になってきます。

 

固定資産税の納税通知書・評価証明書

固定資産税とは、土地や建物などにかかる税金です。税額や納付の確認に必要となります。

 

抵当権抹消書類

住宅ローンを利用している場合は家が担保となっているため、それを解除しなければなりません。
自分で準備する書類は抵当権抹消登記申請書のみです。こちらはインターネットからダウンロードするか、管轄法務局の窓口からも手に入れることができます。
そのほかの必要書類は、銀行などのお金を借りているところで受け取れるため、準備しておきましょう。

 

実印・印鑑証明書

印鑑証明書は発効日から3ヶ月以内のものを準備しましょう。売りたい家の名義が親子や兄弟など、共有名義となっている場合は全員分の実印・印鑑証明書が必要です。

 

住民票

登記上の住所と現住所が異なる場合は住民票が必要です。

 

その他

契約や引渡しを円滑に進めるため、不動産会社から指示された書類は漏れなく準備しましょう。

 

まだ間に合う!500万円も査定額に差がでる家の売却方法!

イエウール

 

不動産一括査定サイトは利用しましたか?

 

たった60秒の簡単入力で自宅の最高値の査定額がわかります。
無料で利用できて、複数の不動産会社の査定額がわかり、一括比較できるので損しないで高値で売却可能です。
どのくらいの差で売却できたのか事例有り。

 

簡単60秒の不動産査定!イエウールはこちら

 

売却を検討しているなら査定だけでも、もちろんOK!