確定申告とは

確定申告確定申告とは、1月1日から12月31日までの1年間で、所得のあった人が自ら税務署に所得などの申告をする、また納めすぎた所得税などの還付申告をする手続きのことです。
確定申告をすると、納付しなければならない税額が決定したり、納めすぎた税金が返ってきたりします。

 

 

家を売ったときの所得税・住民税

売却費用 利益

家や土地などの不動産を売却した際の所得は、譲渡所得といいます。
家や土地を購入したときよりも高い価格で売れて利益が出た場合は、譲渡所得を得ていることになるので所得税住民税がかかってきます。
しかし、購入額より低い価格で売れたり、不動産仲介手数料やリフォーム代金など売却にかかった費用で利益が相殺されたりした場合は、譲渡所得は得ていないことになり税金がかかりません

 

家を売ったときの確定申告は絶対必要?

カレンダー

家を売却したら、利益を得た場合も得なかった場合も確定申告をしましょう。
不動産を売却して得た利益には税金が課せられるので、確定申告によって納めなければならない税金を決定し、納付しなければなりません。
利益を得ていない場合でも、所得税の還付を受けるなどができるため、必ず確定申告をしましょう
また、マイホームを3,000万円以下で売った場合に適用される“居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例”など、利益を得た場合でも税金が控除される特例がいくつかあります。
それらの適用は、確定申告をしなければ受けることができないようになっています。
また、確定申告は、毎年2月16日から3月15日までの間で手続きする必要があります。
土日や祝日の関係でずれることもありますので、家を売った際は申告の時期をしっかり確認しておきましょう。

 

確定申告せずにいるとどうなるの?

確定申告せずにいるとどうなるの?

家や土地に限らず不動産の売買をすると、不動産に関する権利関係などを示す登記情報が税務署に届くようになっています。
税務署には不動産の売買があったことがわかっているので、確定申告をしないでいると税務署から通知があります。
もし、納めるべき税金があるにも関わらず確定申告をしないでいると、脱税したことになってしまいます。
また、還付できるものを申告せずにいる場合は罪にはなりませんが、損をすることになってしまいます。
どちらにしても、家を売却した際は必ず確定申告をしたほうがいいということです。

 

この記事を読んだ人は、下記の記事も読んでいます

 

あなたの家の売却価格はいくらか知っていますか?相場を知って高く売るなら

 

 

わずか60秒であなたの不動産の査定額がわかります

イエウール

 

たった60秒の簡単入力で最高値の査定額がわかります。
無料で利用できて、複数の不動産会社の査定額がわかり、一括比較できるので損しないで高値で売却可能です。
どのくらいの差で売却できたのか事例有り。

 

簡単60秒の不動産査定!イエウールはこちら