専門家と相談しながら売却手続きを進めていくのが良いでしょう

専門家

土地の売却は一般的でない専門的知識が必要になります。

 

したがって、必要に応じていろいろな専門家と相談しながら売却手続きを進めていくのが良いでしょう。

 

彼らのアドバイスは強い味方となってくれるはずです。

 

税金関係は税理士に

税理士

税理士は言わずと知れたの専門家です。

 

土地売却の際には譲渡所得に所得税がかかります。

 

しかし居住用不動産には控除や軽減税率等があるので、税理士と相談して有効な節税方法について相談しておくと良いでしょう。
また相続がらみの取引の場合は、相続税贈与税に精通した税理士を頼りましょう。

 

気をつけたいのは、税理士でも所得税に強い税理士と、相続税に強い税理士とは別の場合が多いのです。

 

一般的には所得税の税務を行う税理士が非常に多く、相続税贈与税に強い税理士は少数派です。

 

そのような専門分野についてはその税理士のホームページ等で紹介されていますので、依頼するときはきちんと確認しておきたいものですね。

 

司法書士は権利関係の専門家

法律

司法書士は弁護士と並ぶ法律の専門家です。

 

実際に売買における所有権移転抵当権抹消登記等は、この司法書士に依頼することになります。

 

そのような事務手続きばかりでなく契約に関わる様々な法律相談等にも乗ってくれますので、疑問があれば事前に相談しておくようにしましょう。

 

不動産鑑定士に資産価値を評価してもらう

不動産鑑定士

 

不動産鑑定士は一般的にはあまりなじみのない資格ですが、土地や建物の価値を評価する専門家です。

 

土地の売却に関しても、適正な売却価格を不動産鑑定士に評価してもらうと良いですね。

 

また投資資産としての不動産の有効な活用法についても、アドバイスを受けることができます。

 

土地家屋調査士は境界確定で活躍する

ヘルメット

土地家屋調査士は土地や建物の測量をして、その面積等を登記する専門家です。
その仕事は測量をするだけにとどまりません。

 

土地売却で重要な隣地との境界確定において、間に立って調整役となってくれます。

 

あまりなじみのない資格者ですが、場合によってはそのような相談をしてみるのも良いでしょうね。

 

弁護士に契約書のチェックを依頼する

弁護士

弁護士は言わずと知れた、法律資格の中で最高峰の司法試験を通過した資格者です。

 

土地売却でトラブルとなりやすい隣地問題や、契約上のトラブル等で弁護士が間に入る場合も多いようです。

 

特に売買契約書の文言について不明点がある場合は、弁護士に聞きながらチェックするとトラブルを未然に防ぐという意味で良いでしょう。

 

まとめ
このように不動産に関わる資格は様々あり、専門家も多岐にわたります。

 

これら全ての人に相談すると言う訳では無いのですが、場面に応じた専門家を頼るというのは安心材料となります。

 

土地の売却に関して手間なく、スムーズに物事を運ぶには不動産一括査定サイトを利用するのも1つの手段です。

 

イエウールならカンタン60秒で土地の売却査定額を知ることができますので、専門家探しにもピッタリなサービスになっています。