急な転勤!マイホームは売却?

転勤になったときの選択肢

賃貸VS売却

念願のマイホームを購入しても、転勤によって住み続けることが不可能になることは少なくありません。
そういった状況になった場合は、マイホームをどうするかということに頭を抱えなければなりません。
多くの人は、売ったほうがいいのか貸したほうがいいのかという2択で悩まされます

 

マイホームは売ったほうがいい?貸したほうがいい?

住宅ローン

転勤になった時の一番の心配事は、家の住宅ローンについてです。
家を売却して住宅ローンの返済に充てるか、賃貸物件として家賃収入でローンを返していくか悩んでいる人は多いでしょう。
基本的には、賃貸物件とするよりも思い切って売却してしまうことをおすすめします。
その理由を、それぞれメリットとデメリットを添えて説明します。

家を賃貸物件とした場合

再び住む

メリット

借り手が見つかれば、家賃収入でローンの返済が可能です。
また、転勤から戻ってきたときに再び住むことができます。

 

デメリット

傷んだ家

借り手がつかなければ家賃収入は得られません。
賃貸物件としても一戸建ての賃貸は借り手がつきにくく、仮に入居者が現れても住み続けるとは限らないため、高いリスクが伴います。
また、家賃収入で月々のローンの支払いができても、家の維持費や所有する家屋に課せられる固定資産税の支払いまでは賄えないでしょう。
さらに、人が住むと家は多かれ少なかれ傷つくので、いざ売却しようと思ったときや再び住もうと思ったときに、低い価格でしか売れなかったり、傷んだ家に住むことになったりする可能性が高くなります。

家を売却した場合

利益

メリット

場合によっては残りのローンを全額支払えるほどの利益となります。
築年数が浅いうちに売りに出せば、買い手が早く見つかる可能性も高くなります。

 

関連記事:住宅ローン返済中の家を売却したいとき

 

デメリット

再び住むことができません

当然ですが、売却してしまえば再び住むことはできません
また、売る場合は売却完了時にローンを一括返済しなければならないため、家を売って得た利益がローン残高を下回った場合は、不足金を貯金などから補わなければなりません。

 

 

まとめ

FOR SALE

家を売るにも貸すにもそれぞれメリットとデメリットがあります。
しかし、賃貸物件とした場合はデメリットが多く、リスクのある行為ということがわかります。
そのため、築年数の浅いうちに売却してしまうことをおすすめします。

 

マイホームを売却するなら、不動産一括査定サイトを利用しましょう。「イエウール」カンタン60秒の入力で複数業者からの査定額が無料でわかります。

 

複数の不動産会社の査定額を比較してみると、500万円もの査定額の差がでることもありますので必ずチェックしておきましょう。

 

イエウールで不動産一括査定をするならこちら

 

わずか60秒であなたの不動産の査定額がわかります

イエウール

 

たった60秒の簡単入力で最高値の査定額がわかります。
無料で利用できて、複数の不動産会社の査定額がわかり、一括比較できるので損しないで高値で売却可能です。
どのくらいの差で売却できたのか事例有り。

 

簡単60秒の不動産査定!イエウールはこちら