家を売りに出してから売却までにかかる期間

手帳

現状の不動産マーケットに合った価格で売りに出せば、3ヵ月以内には売れるというのが一般的です。

 

しかし、価格や広さ等の条件が似た競合物件の有無など、物件によって状況が様々なので、必ずしも3ヵ月以内に売れるとは限りません。

 

売りに出して数日で売却できることもあれば、半年かかる可能性もあるということです。

 

また、3ヵ月たっても売れないからといって、焦って値下げをしたり条件を変更したりする必要はありません。

 

よほどの事情がない限りは余裕を持って売却スケジュールを立て、焦らずに販売活動していきましょう。

 

家の売却スケジュールを立てるにあたって

意外と重要な家の売却期間

資金計画

家の買い替えをする際、売却で得た利益を新しい家の資金として計画していることがほとんどでしょう。

 

その場合、売りたい家が売却できなければ、新しい住まいの購入資金を作ることができません。

 

資金の計画上、売却にかかる期間はとても重要になってきます。

 

家の売却期間はどれくらい見ておけばいい?

売りに出してから売却までにかかる期間では、家の売却にかかる期間はどの程度見ておけばいいのでしょうか。

 

少しでも早く売却したい場合は、相場よりも低い価格で売りに出せば早く売れる可能性が高くなります。

 

しかし、売り急ぐと価格や条件など、妥協した部分に後悔が残ってしまうこともあります。

 

家は大きな財産なので、満足いく販売活動ができなければ非常に心残りとなってしまうでしょう。

 

今まで家の売却に成功した人の声では、売却期間を6ヵ月ほど見ておくのが理想的なスケジュールと言われています。

 

自分の納得いく売却をするには、約半年間の売却期間を見て計画を立てましょう。

 

すぐに売りたい場合は、不動産一括査定サイトを利用しましょう。複数の不動産会社からの査定額を知ることができるので、最高値で売却も可能です。

 

500万円もの差がつくこともありますので、売却予定であれば、査定だけども受けてみないと損してしまいます

 

イエウールで不動産一括査定をするなら

 

家がなかなか売れなかったら?

なかなか売れなかったら?

売りに出してもなかなか買い手が見つからなければ、焦燥感から安易に値下げをしてしまいがちです。

 

もちろん、値下げをして再広告することも検討しなければなりませんが、少しずつ値下げを繰り返していては“もっと安くなるかもしれない”と買い手に思わせてしまうため、逆効果になることもあります。

 

ずっと情報誌に掲載され続けるのも、“この物件は何かあるのかもしれない”という印象を与えてしまうこともあります。

 

値下げのタイミングや買い手をつきやすくするための対策は、仲介不動産会社のアドバイスに従うのがベストです。

 

マーケットの変動や買い手の反応に合わせた販売活動をサポートしてもらい、焦らずに売却を進めていきましょう。

 

わずか60秒であなたの不動産の査定額がわかります

イエウール

 

たった60秒の簡単入力で最高値の査定額がわかります。
無料で利用できて、複数の不動産会社の査定額がわかり、一括比較できるので損しないで高値で売却可能です。
どのくらいの差で売却できたのか事例有り。

 

簡単60秒の不動産査定!イエウールはこちら