家(マンション・一戸建て)の火災保険について

家を売却したら確定申告しよう
家(マンション・一戸建て)を購入すると、一括で買った場合もローンを組んで買った場合も必ず火災保険に加入しなければなりません。

 

火災保険は数年単位で加入していることがほとんどです。

 

ちょうど満了時に自宅を売るのであれば契約更新しなければ良い話ですが、途中で解約することになった場合はどうなるのでしょうか。

 

家を売るときの火災保険について

途中解約すると火災保険は返還される

誰も住んでいない家

火災保険はほとんどの場合、途中解約すると残りの保険期間分の保険料が返還されます。

 

保険会社やサービスの内容によって返還される金額や計算方法が違うので、どの程度お金が戻ってくるかは一概には言えません。

 

どれくらいの金額が返還されるのかは、加入している火災保険の会社に問い合わせてみるのが一番です。

 

解約による返金は申し出ないとされないため、家を売却した際は忘れずに解約手続きをしましょう。

 

火災保険の返還の金額よりも大事なこと

イエウール

火災保険は途中解約するの残りの月数の金額が返還されるということは前述のとおりですが、火災保険返還額よりも大きな金額は家の査定額です。

 

まだ、不動産一括査定サイトで家の査定額を調べていない方であれば、無料ですので自宅(一戸建てやマンション)あるいは売却予定の土地でも良いので、情報を入力してみましょう。

 

家の査定額が500万円高くなった事例もあります。

 

いまの査定額よりも高くなる可能性も大いにありますので損だけはしないようにしましょう。

 

 

イエウールで家の無料査定をしてみましょう

 

火災保険を解約する時期はいつがいい?

火災保険を解約する時期はいつがいい?

火災保険といえど、無駄な保険料はなるべく支払いたくないものです。

 

そのため、「誰も住んでいないのに火災保険をかける必要はない」と考えられ、売却前にも関わらず引越しが完了して空家になった瞬間に途中解約してしまう人がいます。

 

また、売買契約が成立し、引渡し日が決まった途端、それに合わせて解約手続きをとってしまう人がいます。

 

無駄に思えるかもしれませんが、火災保険を受けられない期間というのがあると、万が一のことがあっても何の保証もされない状態なので非常に危険です。

 

売買契約が成立したあとも、思わぬトラブルで引渡し日が伸びることも考えられます。

 

家を売却する際、火災保険を解約するベストな時期は引渡しが完了したあとです。

火災保険で家の修繕ができる?

火災保険で家の修繕ができる?

火災保険は火事による被害しか保険が受けられないと考えている人が多いですが、火災以外にも台風や水害、落雷などの自然災害にも適用されます。

 

もし、雨漏りなどを起こしているために屋根の修繕をしなければならない場合、火災保険が適用される場合があります。

 

屋根の故障は、そのほとんどが台風などの風災害によるものなので、火災保険で保証できるケースが多いのです。

 

解約後に家の欠陥が発覚した場合、自宅やマンションの売却後でも売主が修繕費用を負担しなければならないことがあるので、火災保険の解約は、家の修繕箇所をしっかり確認してからしたほうが良いでしょう。

 

 

この記事を読んだ人は、下記の記事も読んでいます

家を売却したら確定申告しよう

家を売る時の必要書類まとめ

 

わずか60秒であなたの不動産の査定額がわかります

イエウール

 

たった60秒の簡単入力で最高値の査定額がわかります。
無料で利用できて、複数の不動産会社の査定額がわかり、一括比較できるので損しないで高値で売却可能です。
どのくらいの差で売却できたのか事例有り。

 

簡単60秒の不動産査定!イエウールはこちら