住宅ローンの返済が滞ったときはどうなる?

ローン返済が滞ったときどうなる?

 

住宅ローンの返済が滞ると、お金を借りている金融機関からローンの支払いを迫る督促状などが送られてきます。
さらに滞納を続けていると、家は自動的に手放すことになり、競売になるか任意売却をするかの2択を迫られることになります。

 

住宅ローンが払えない時の家売却方法その1-競売について

競売とは?


SALE

住宅ローンの支払いを半年滞納し、何もしないでいると、家は差し押さえられてしまいます。
返済が半年滞納した日から約4〜6ヶ月で競売での入札が始まり、裁判所を通じて誰かの手に渡ってしまい、売却代金は住宅ローンの返済に充てられます。

 

メリット

競売は裁判所が家の売却に関して勝手に進めていくので、家の販売活動などをする必要がありません。

デメリット

裁判所が一方的に家の売却を進行するため、もともと所有していた人の意見はまったく反映されません。
また、競売物件は内覧ができないなど、購入者にとってデメリットが多いので、相場よりも低い価格で売買されます。
そのため、残債務が任意売却より多く残ってしまう可能性があります。

住宅ローンが払えない時の家売却方法その2-任意売却について

任意売却とは?

任意売却とは?

 

住宅ローンの支払いが滞った際、担保としている家を競売で処分する前に、お金を借りている金融機関に同意を得たうえで市場価格にて売り出すことを言います。
一般的な家の売却と同じ手順で、不動産会社に査定や仲介をしてもらっての売却となります。

 

メリット

相場で売買される可能性が高いため、競売よりも残債務の負担を減らすことができ、売却がうまくいけば全額返済できる可能性もあります。
また、金融機関の承諾を得ての売却となるので、もし全額返済できるだけの利益が得られなくても無理のない返済が続けられるように残債務が減額されます。

デメリット

任意売却をするには、保証人やお金を借りている金融機関など、家の購入に関係した当事者全員に承諾してもらわなければなりません。
保証人と連絡がとれなかったり、同意してくれかったりすると、任意売却はできません。

 

関連記事:住宅ローン返済中の家を売却するときに

 

まとめ

ローンを滞納してしまうと、家を手放さなければならなくなってしまいます。

 

競売にかけられる前に、少しでも残債務を減らせる任意売却するのが良いでしょう。

 

競売が始まる前に売らなければならないため、任意売却すると決めた場合はすぐに行動しましょう。

 

家を最大限高く売るには、最高値の査定額を知らなければいけません。

 

家の価格と相場を知って家を高く売るなら

 

こちらのページから不動産一括査定サイトで、まずは家の査定価格を知ることから始めてみましょう