相続または、住み替えにおける不動産売却のメリット・デメリット

 

住宅などの不動産は、人間が経験するもっとも高額な商品の一つです。

 

数千万円、または数億円の売買をするわけですから、普通の商品とは勝手が違いますね。

 

そのような高額な不動産売却において、生じるメリットデメリットを以下に挙げていきたいと思います。

相続による不動産売却のメリット

2015年から税制改正により、相続税の増税が始まります。

 

この増税によって課税対象となる範囲が拡大され、相続税の対象となる方が急増すると予想されます。

 

相続の時一番大きな財産といえば、やはり不動産です。

 

不動産はそのままだと固定化されているものですから、分割は容易なことではありません。

 

よくあるケースとして、相続人となった複数人が土地建物を共同して相続する、いわゆる共有不動産というものがあります。

 

例えば、兄弟2人が相続した場合は、それぞれ2分の1ずつの名義となるわけです。

 

しかしここで問題となるのは、その不動産を売却したり人に貸したいというような場合に、兄弟2人の意思疎通が必要な点です。

 

このような共有不動産の権利の行使には共有者全員の同意が必要となりますので、例えば兄弟の意思が食い違った場合は、売却・賃貸などの取引が困難になります。

 

しかし、相続と同時に不動産を売却して現金化しておけば、このようなトラブルは回避されます。

 

なぜなら現金だと分割が非常に容易ですので、相続する分をそれぞれ分けることもスムーズに行えるからです。

住み替えにおける不動産売却のメリット

住み替えにおける不動産売却のメリット 

現在住んでいる住宅を売却する場合は、その売却代金が新しい住宅の頭金に利用できます。

 

今までの住宅が古くなったり、又は家族が増えて手狭になった時など、より良い住まいが欲しくなりますね。

 

その新しい住まいにかかる頭金の金額が大きければ、その後の住宅ローン負担を減らすことにもつながります。

不動産売却のデメリット

不動産売却の特徴として、売却する方の知識が不足しがちだということがあります。

 

よほどの大富豪ならともかく、通常の人にとっては不動産売却というのは人生の一大事業です。

 

大概の場合は初めてか、2度目というところでしょうか。

 

そのような経験値の不足している中で、自分で売却代金を決めて売却にかかる複雑な手続きをしなければいけません。

 

また、不動産の価格は振れ幅が大きいものです。

 

したがって、自分の売りたい物件がどれくらいの値段で売れるのか、というのはかなり難しい判断を迫られることになります。

 

日常的に不動産売却を扱っている専門家でないと、この辺の見極めは非常に難しいですね。

 

振れ幅が下に触れてしまった場合、何百万円もの安い値段で売却してしまうことになります。

 

そうした場合、今後の人生設計に大きく関わることになり、非常に危険です。

 

このように不動産売却はメリットも大きいですが、それと同時に失敗するリスクも非常に大きいものです。

 

売却代金の査定や契約手続きの仲介など、専門の不動産会社のサービスを利用することで、そのようなリスクをできるだけ回避するようにしましょう。