不動産売却時の査定のポイント【訪問査定と必要書類】

不動産売却時の査定のポイント【訪問査定と必要書類】 

ご自宅等の所有している不動産を売却するときは、売却する前に売り出し価格を決めておく必要があります。

 

しかし不動産はそれぞれに個別性がありその価格差も大きいので、一般的に値付けをするのは難しいと思います。

 

そこで専門の不動産会社に売却価額の査定を依頼するわけですが、以下のようなポイントをあらかじめ押さえておくと良いでしょう。

 

なるべく訪問査定をしてもらおう

 

売却価格の査定には大きく分けて、簡易査定訪問査定があります。

 

  • 簡易査定・・・物件の所在地や築年数などをもとに不動産会社が大まかな価格を査定する

 

メリット

時間がかからずすぐに回答が得られる

 

デメリット

先ほどでも述べたとおり不動産にはそれぞれの個別性があり、この簡易査定では個別性まで織り込むことができないため、正確な売却額の査定とは言い難い。

 

  • 訪問査定・・・実際に不動産会社の担当者が物件を現地調査して詳細な査定

 

メリット

不動産それぞれの個別性を十分に考慮した査定が可能

 

デメリット

担当者の受け入れや時間がかかる

 

いずれもメリット・デメリットがありますが査定価格は正確さが重要なので、査定依頼では出来る限り訪問査定をお願いするようにしましょう。

 

査定に必要書類をあらかじめ準備する

 

売却査定にあたって必要になる書類がいくつかあります。

 

あらかじめこれらの書類を手元に用意して、スムーズな査定ができるようにしておきたいですね。

 

最低でも下記2つの書類は用意しておきましょう。

 

  • 権利書(登記簿謄本)
  • 建物図面物件

 

いずれも物件を取得した際の書類ですが、時間が経っているとどこかにしまったまま無くしてしまったというケースが非常に多いのです。

 

手元にない場合は、その地域を管轄する法務局の窓口に行って取得するようにしましょう。

 

法務局では以下の書類を取得できます。

 

  • 登記簿謄本
  • 地積測量図
  • 建物図面

 

いずれも査定で非常に大事な資料となりますので、忘れずに取っておきましょう。

 

複数の会社に査定依頼をしよう

 

お仕事をされている方はよくご存知かと思いますが、外部に仕事を依頼するときは複数の業者に見積もり(相見積もり)を取りますね。

 

不動産売却査定においても同様に、複数の会社に依頼することをおすすめします。

 

なぜなら査定を行う不動産会社によって、査定の仕方やシステムがそれぞれ異なりますので、導き出される売却価格はかなり異なってくるからです。

 

場合によっては、数百万円以上の差が出ることもあります。

 

大事な所有不動産を売却するにあたって、やはりなるべく高い価格で売却したいものですね。

 

不動産売却時の査定のポイント【訪問査定と必要書類】まとめ 

当サイトでは、いくつかの一括査定サイトをご紹介しています。

 

いずれのサイトも一回の項目入力で、複数の不動産会社に査定を依頼することができます。

 

余計な手間をかけずに、効率的な売却手続きを進めていってください。