マンション売却する際、エアコンは取り付けたまま?取り外す?

マンション売却する際、エアコンは取り付けたまま?取り外す? 

マンション売却の際、エアコンを取り付けたまま売るか、取り外して売るかを悩む人がいます。

 

しかし、エアコンがあってもなくても売却額にはそれほど影響しません。

 

また、エアコンが取り付けてあるから売れやすい、取り付けてないから売れにくいというように、マンションの売れ行きを左右するものでもありません。

 

そのため、エアコンの取り付けたまま売るか、取り外してから売るかは、売主が自由に決めても問題ないのです。

エアコンは取り付けたまま売りに出したい

エアコンを取り付けたままマンションを売却したい人はそうすることも可能ですが、それには付帯設備表というものを作成しなければなりません。

 

付帯設備

 

付帯設備とは売却の際に置いていく物で、マンションと共に買い手側に所有権を渡すものです。

 

例えば以下のようなものが対象になります。

 

  • 照明器具
  • エアコンなど

 

付帯設備表不動産会社が用意してくれるのが通常で、エアコンを取り付けたまま売りたい場合は付帯設備表にその旨を記載しましょう。

 

付帯設備表に書かれている付帯物は、物件と一緒に引き渡さなければなりません。

 

書かれているのに撤去したり、書かれていないのに置いていったりできないようになっています。

 

エアコンが故障している場合

 

売り手側は置いていく付帯物の性能を保証する必要はないので、エアコンの動作に不具合がある場合でも、取り付けたまま売りに出すことは可能です。

 

しかし、後々のトラブルを避けるため、買い手側に不具合があることは必ず伝えましょう。

 

その際、取り外して欲しいと要望があればそれに応じなければならないこともあります。

 

また、故障していなくても取り外して欲しいと言われれば、そうする必要性も出てきます。

 

その辺りは買い手側と売り手側の話し合いになってきます。

エアコンは外して売りたい

エアコンは外して売りたい 

新居に持っていきたい」などの理由でエアコンを取り外してマンションを売りたい場合は、エアコンがあった箇所を念入りに掃除しなければなりません。

 

いつもはエアコンがあるので気づきませんが、その後ろはかなり汚れています。

 

他にも、エアコン設置の際に空けた穴を塞がなければならないこともあります。

 

エアコンは置いていった方が良い?

使わないのであれば、エアコンは取り付けたままマンションを売りに出すことをおすすめします。

 

エアコンを取り外して売りに出す場合は掃除する手間が増える他、掃除をしてもエアコンの後ろはクロスが外してあったり変色していたりするため、見栄えはあまりよくありません。

 

購入希望者が見に来たときに良いイメージを与えないので、壊れていてもとりあえず取り付けておけばあまり美しくない箇所を見られずに済みます。

 

買い主にいらないと言われたときに取り外せば良いので、新居で使うなどの予定がなければ取り付けたまま売りに出しましょう。