ペットを飼っていたマンションを売却するときの注意点

ペットを飼っていたマンションを売却するときの注意点 

ペットを飼っていたことがあるからといって、必ずしも査定額が下がることはありません。

 

掃除や修繕などして、手入れが行き届いていれば査定額に大きく影響することはないでしょう。

部屋の掃除・修繕

ペットのにおいに注意!

 

マンションを売るときは念入りに掃除をすることが必須です。

 

なかでも、ペットを飼っていたマンションを売却するときは、におい対策をしっかり行わなければなりません。

 

そんなににおわない」と思っていても、ペットを飼っていれば独特のにおいが部屋に染み付いてしまうものです。

 

普段その部屋で生活している人なら慣れてしまって気づかないにおいでも、他の人にとっては気になることがほとんどです。

 

具体的な対策

 

においは家具だけでなく、クロスやカーペットにも染み付いています。

 

空家にしてもにおいだけが残ってしまうことが多いため、クロスやカーペットは張り替えたほうが良いでしょう。

 

また、犬や猫を飼っていた場合は、床や壁に傷がついていることがあります。

 

ペットを飼っていることでついてしまった傷などは、修繕しておきましょう。

内覧はペット不在で

内覧はペット不在で 

購入希望者によるマンションの見学は、知人に預けるなどしてペットがいないときにしましょう。

 

内覧のときにペットがいると買い手が付きにくくなってしまいます。

 

なぜなら、マンションを売りに出すと動物が苦手な人や動物アレルギーなど、様々な人が見学に来ます。

 

ペットを飼っていることを目の当たりにすると、そういった人たちはその時点で購入候補からそのマンションを外します。

 

そのため、動物好きな人やペットがいた部屋でも気にしないという人にしか売ることはできず、非常に狭い範囲で買い手を探さなければならなくなります。

ペット可のマンションでもペット対策が必要?

結論からいうと、必要です。

 

部屋のにおい除去や修繕、内覧時にペットを見せないなど、対策をしましょう。

 

ペット可のマンションでも、動物嫌いな人が見に来ることもあります。

 

また、動物好きの人に売る場合でも、やはりペットを飼っていた気配がある部屋よりそうでない部屋のほうが好印象です。

 

気持ちよく取引できるように、ペットを飼っていた場合はしっかり対策をして売りに出しましょう。