マンション売却時における売買契約書はここをチェック!

マンション売却時における売買契約書はここをチェック! 

マンションの売却は、人生のうちでそう何度もない大きな取引となります。

 

そのため、マンション売却時における売買契約書は、後々のトラブルを避けるために必ず作成しましょう。

 

また、宅地建造取引業法でも、契約成立の際は書面に記名押印をして取り交わすことが義務付けられています。

 

売却後の確定申告でも売買契約書が必要になってきますので、取り交わした後も大切に保管しておきましょう。

売買契約書で重点的にチェックしたい項目

売買契約書で重点的にチェックしたい項目 

売却マンションの情報

売却するマンションの所在地など、基本情報に間違いがないか確認しましょう。

 

支払い代金、時期について

下記について契約書に明記し、確認しましょう。

 

  • 支払い代金の内訳
  • 支払い方法
  • 支払いの時期

 

契約解除・違約金について

売り主か買い主のどちらかが契約違反をした際に、契約解除や違約金を請求する内容が書かれています。

 

契約違反とは、例えば以下のようなことです。

 

  • 引渡し日を守らない
  • 支払期日を守らないなど

 

違約金は代金の20%以内に設定されていることが一般的ですが、違約金の対象にならない違反なども定められています。

 

内容を確認し、リスク回避の手段を知っておきましょう。

 

危険負担について

契約を交わしてから代金の支払いや引渡し日まで、かなり期間が空いてしまう場合、その間に対象マンションをどちらが管理するか、災害などで倒壊したり消失したりした場合、どちらが責任を負うかが定められており、これを“危険負担”と言います。

 

通常は売り主が負担することが契約書に書かれていますが、記載がなければ買い主が負担することになります。

 

どちらが負担するか、契約書に明記されていることを確認しておきましょう。

 

瑕疵担保責任について

瑕疵担保責任とは、売却したマンションに欠陥があった場合、誰がその責任を負うのかということです。

 

契約書にはっきり記されていないと、欠陥が見つかったときに大きなトラブルとなる可能性があります。

 

抵当権負担の除去

抵当権とは、借金返済が不可能になった場合に不動産を強制的に売却できる権利です。

 

マンションが借入金の担保になっている場合は、その抵当権を抹消する必要があります。

 

通常は売却価格を借金返済にあて、代金の受け取りと同時に抵当権を抹消します。

 

その旨が契約書に明記されているかを確認しましょう。

 

各種負担金や精算金について

税金や光熱費など、精算しなければならないものがある場合、明確にされているか確認しておきましょう。

 

一般的には、引渡し日前日までが売り主、引渡し日以降は買い主が負担するものとなっています。