知らないと損するマンション売却不動産会社の選び方

知らないと損するマンション売却不動産会社の選び方 

マンションを売却する際に最も重要なのは、買い手との仲介を委託する不動産会社選びです。

 

信用できる業者を選ばなければ、損をしたり取引がうまくいかなかったりしてしまいます。

多くの人は不動産会社選びで失敗している

インターネットでも、マンション売却の失敗談がたくさん紹介されていますが、そのほとんどが業者選びで失敗しているのです。

 

ここでは、信用できる業者選びのポイントをご紹介します。

 

一口に不動産会社といっても様々な種類があり、会社によって得手不得手があります。

 

どういった不動産を扱っている業者なのかを把握し、マンション売却を得意としている業者を選びましょう。

 

分譲業者

一戸建て、新築マンションの建設や販売を手がけています。

 

中古の物件を買い取り、リフォームなどをして売りに出すこともあります。

 

買取再販業者

低価格で物件を買い取り、再度販売することを専門としています。

 

古い物件をリフォームなどして再販することもあります。

 

媒介業者

物件の売買や賃貸において、両当事者の間に立って仲介する業者です。

 

分譲業者や買取再販業者に売ると、転売するときの価格から諸経費や利益を差し引いた額が査定額の上限となります。

 

その他

上記以外の物件、投資マンション、商業用の不動産などの仲介を得意とする業者です。

 

マンションを少しでも高く売却するには、中間マージンもあまりかからない個人に対して仲介してくれる媒介業者がおすすめです。

 

そのなかでマンションの売買を得意としている業者を何社か探し、査定をしてもらいましょう。

 

マンション売却に強い不動産会社の特徴

マンション売却に強い不動産会社の特徴 

不動産会社のチラシやホームページ、実店舗をチェックしましょう。

 

チラシにたくさんマンションを売り出していたり、ホームページや店舗の目立つところに売り出しているマンションが掲載されていたりすれば、マンションの売買を積極的に行っている業者といえます。

 

優良な業者と怪しい業者

こんな業者には注意しよう

 

他社と比べて、不自然なほど査定額が高い業者には注意しましょう。

 

マンションの査定額と実際の売却額には差が出てきます。

 

売りに出したあと、なかなか売れなければ売却価格を見直すことがあるからです。

 

契約数を伸ばしたいがために高い査定額を提示し、あとになって急激な値下げを迫る業者もあるため、査定額が高いというだけで業者を選ばないようにしましょう。

 

こんな業者を選ぼう

 

マンション売却において、不動産会社は売却をサポートしてくれるパートナーでなければなりません。

 

査定額の背景はもちろん、リスクやデメリットなどもしっかり説明してくれる業者を選びましょう。

 

また、いつまでに売却したい、どのくらいの価格で売却したい、などの要望にできるだけ応えようとしてくれる業者を選びましょう。