専任媒介契約ではなく一般媒介でマンションを売る時の注意点

専任媒介契約ではなく一般媒介でマンションを売る時の注意点 

不動産一括査定サイトを利用すると、たくさんの不動産会社からのオファーがあるでしょう。

 

その結果、結局どの不動産会社に専任媒介契約をしたら良いのか判断がつかずに、一般媒介でマンションの売り出しをしてしまうという人が多いようです。

一般媒介と専任媒介の違い

一般媒介・・・複数の不動産会社への売却依頼
専任媒介・・・不動産会社1社のみに売却依頼

 

これの何が問題かといいますと、一般媒介の性質をよく理解するとわかります。

 

一般媒介について

一般媒介とは、複数の不動産会社への売却依頼することをさします。

 

不動産会社に売買の状況の報告義務はありません。

 

なので売主自身が、買い主となる取引相手を探して取引を行うこともできます。

 

つまりは会社が一生懸命宣伝しても、他社で成約となる可能性があるのです。

 

そのために、一般媒介の場合は不動産会社があまり力をいれてくれず、宣伝広告費用を割いて積極的にマンションを売り出すための活動を行ってくれないのです。

 

これでは売りたいのに売れなくなってしまいます。

 

結局売れないためにマンションの価格を下げざるを得ないという状況になってしまいます。

 

専任媒介について

 

専任媒介の場合は、不動産会社1社のみに売却依頼します。

 

不動産会社から売主へ2週間に1回以上売買の状況を報告する義務があります。

 

また会社は不動産流通標準情報システムである“レインズ”へ、物件情報の登録を行わなければなりません。

 

その結果として、より幅広い範囲の人にマンションを検討してもらう機会が広がるのです。

 

だからといって一番高い査定額を出した会社と専任媒介契約をすればいいというものでもありません。

 

結局のところ、一番高い査定額を出した不動産会社が信用に価する会社なのか?という点が大事になってきます。

何を信用したら良いのか

何を信用したら良いのか 

検討材料としては、

 

  • 大手の会社というネームバリューを信用したら良いのか?
  • 営業マンは信用できるか?
  • 会社が出した査定額で本当に大切な不動産を責任もって売ってくれるか?
  • ただ高い査定額を出しているだけではないか?

 

などを真剣に検討する必要があります。

 

売却をする側も不動産会社などの口コミや情報や実績をきちんと調べる必要があります。

 

まずは、不動産一括査定サイトにて簡易査定額を出してもらい高めの査定額を出してきた数社について比較検討すべきです。

 

自分のマンションのエリアを取り扱う不動産会社を知るためにも、まずは不動産一括査定サイトでの査定からはじめてみましょう。