事前に用意して円滑な売却を!マンション査定に必要な書類

事前に用意して円滑な売却を!マンション査定に必要な書類 

マンションを査定してから売却を行うまでに必要な書類はさまざまあります。

 

それらの書類をすぐに用意するのは、なかなか難しいものです。

 

そこで、必要書類を事前に知っておくならば、円滑な売却を行うことができます。

 

備えあれば憂いなし!といいますから、事前に用意をしておきましょう。

マンション査定に必要書類をチェック

マンション査定に必要書類をチェック

権利証

登録済権利書と正式にはいいます。

 

所有不動産であるマンションの内容確認の際に必要になります。

 

法務局から登記名義人に公布される書類で、登記名義人がその物件の真の所有者であることを証明する非常に重要な書類です。

 

マンションの売却が進み、新しい所有者に所有権を移すときにもこの権利書は必要になってきます。

 

所有権移転登記時に固定資産税の納税通知書も必要になります。

 

なぜなら、固定資産税や都市計画税の年税額を確認するための重要かつ公的な書類だからです。

 

最新のものを用意しましょう。

 

本人確認書類

下記3つの書類は、売主の本人確認のために必要な書類です。

  • 実印・・・共有名義人がいるのであれば、共有者の実印もいります。
  • 印鑑証明書・・・実印と同じく、共有名義人がいるならばその人の分も必要になります。
  • 住民票・・・現住所と登記上の住所が異なる場合のみ必要です。こちらも共有名義人がいる場合は共有者の分も必要となります。

 

住民票や印鑑証明書などは有効期限は発行から3ヶ月のものです。

 

もしも共同名義人が遠方に住んでいるとなると、書類をそろえるのに少々時間がかかるかも知れません。

 

管理規約・使用細則等

 

マンション管理会社から配布される資料です。

 

マンションに住むに当たりどんなことを注意するか、共通のお約束などが記されています。

 

マンションがどのように維持管理されているか、ペットの可否などのルールは非常に大切です。

 

買主側としては、維持費等のランニングコストも重要情報になります。

 

売買契約時以前に提示してあげるのが親切です。

 

ローン返済予定表

 

金融機関から交付されるものです。

 

マンションにローンがまだある場合にのみ必要です。

 

後々のトラブルを避けるために情報を前もって提示するのはいいことです。

 

その他

このほかに持っているならば提示したい書類としては、下記のような物件の構造等を客観的に示すデータなどです。

 

  • 地盤調査報告書
  • 住宅性能評価書
  • 既存住宅性能評価書など

 

また、以下のようなマンション購入時の書類も、査定を行うのに大事な材料となります。

 

  • 契約書
  • 重要事項説明書
  • 販売時のパンフレットや広告など