マンションを売却して一戸建てを購入するほうが得?

マンションを売却して一戸建てを購入するほうが得? 

マンションオーナーにとって一戸建てとマンションのどちらが金銭的にお得か?という疑問はたびたび湧いてくると思います。

 

もちろん住んでいるエリアや環境にもよりますが、実際はどちらがよりお得なのでしょうか?

負担額の比較

負担額の比較 

購入金額で見ると、やはり一戸建てのほうがマンションよりも価格が高いです。

 

たとえばですが同じエリアでもマンションと一戸建てでは1000万円以上の差が生まれてくるでしょう。

 

だからといってマンションのほうがお得なのか?というとそうではありません。

 

考慮すべき点があります。

 

マンションオーナーであるならば一度は、支払いに無駄があるのではないか?と考えたことがあると思います。

 

マンションは以下がかかるからです。

  • 管理費
  • 修繕積立金
  • 駐車場代
  • 駐車場管理費など

 

毎月3〜6万円程度の負担があるかないかでは、長期間で見るとかなりの違いを生みます。

 

30年とか40年などの長いスパンならば少なくとも1,000万円程度、多ければ3,000万円以上の負担が出てきます。

 

このお金は戻ってくることはありません。

 

一戸建てであっても修繕を行わなければなりませんので、必ずしも一戸建てがお得とは言い切れませんが、優位であることには間違いはなさそうです。

資産価値の比較

一戸建ての土地自体はいくら年月が経過しても、劣化するわけではありません。

 

家が老朽化してしまい、価値がほとんどなくなったとしても、土地としての価値は残ります。

 

一方マンションは、建物部分と土地部分を切り離すことは無理です。

 

よって築年数の経過してしまうと、土地自体は劣化していないのに建物が老朽化しているので、一緒に資産価値まで下がってしまうのです。

 

この点でも、一戸建てのほうが優位にあります。

防犯面の比較

やっぱりマンションよりも一戸建てのほうがいいと早急に判断を下すのではなく、マンションのメリットにも注意を向けなければなりません。

 

マンションは防犯面で優れています。

 

カギ1本でOKで戸締まりが簡単です。

 

管理人の存在やオートロック、セキュリティ会社との契約などは安心して暮らせる材料でもあります。

 

もちろん一戸建てでも防犯を強化することはできますが、それなりに費用がかかってしまいます。

 

両方ともにメリットとデメリットがあります。

 

初めからマンションか一戸建てとどちらかに限定するのではなく自分と家族にとって何が大事なのか?何は譲れないのか?という面をはじめに考えるべきです。

 

その後もし同じような条件のマンションと一戸建てがあったときに初めて、優位性を考えて選ぶようにしましょう。