マンション売却VSマンション賃貸【どっちが良いの?】

マンション売却VSマンション賃貸【どっちが良いの?】 

事情はともあれ住まなくなったマンションを、そのままにしておくのはもったいないことなので、売るか貸すか形をとりたいと思う人はいるものです。

 

不動産価格が不安定で住宅ローンの残債もまだあるならば、売らずに貸して家賃収入を得たいと考えるのは自然なことと言えます。

 

では、実際にはマンション売却と賃貸、どちらがお得になるのでしょうか?

 

大事な決定を下す際には、メリットとデメリットを比較検討することで、より冷静で理性的な判断を下すことができます。

 

それでは両方のメリットデメリットを考えてみましょう。

マンション賃貸について

メリット

家賃収入でローン返済が賄えると同時に、収益を生むことがあるのです。

 

特に低金利で購入したマンションは、平均的な家賃よりローン返済額が低いケースが多いのです。

 

つまり、貸すことによって利益まで生み出してくれるのです。

 

うまくいけばお小遣い程度のお金になります。

 

さらに、経費で落とせる費用ができます。

 

控除の対象となるのは下記です。

 

  • 住宅ローン金利
  • 固定資産税
  • 管理費
  • 修繕積立金
  • 減価償却
  • 改装費用など

 

その結果税金が安くなるということも考えられます。

 

デメリット

空室のリスクがあります。

 

借り手がすぐに見つかればいいですが借り手がいてこそお金が入ってくるものです。

 

空室の間は、自分の住む家+空室マンションのローンも支払うことになります。

 

ダブルでの支払いが負担になる可能性があります。

 

また、一度他人に貸した物件は自宅ではなく収益物件扱いになります。

 

このような物件の買い手は住宅ローンは使えないので、販売相手の幅が狭くなり、売れにくくなるのです。

マンション売却について

マンション売却について 

メリット

大きなお金が手に入って、自分の住む家の費用などに当てることができます。

 

しかも一度売ってしまえば、その物件に関して心配する必要はありません。

 

デメリット

不動産の価格はまだまだ不安定です。

 

売るタイミングが悪ければ、安い価格で売ってしまうこともあります。

 

さらに買い手がつかなければ売値を下げなくてはならなくなってしまいます。

 

個人個人の状況に応じて状況は変わってきますが、一般的には売却のほうがリスクは少ないといえます。

 

住宅ローンを完済していたり、相続したマンションであっても、やはり空室リスクや改装費の負担、敷金や礼金の相場の目減りなどを検討すると、家賃収入で利益を出すのはかなり難しいことであることがわかります。

 

売却か賃貸か迷うならば、不動産会社に相談するといいかもしれません。