知って損はしないマンションの査定方法いろいろ

知って損はしないマンションの査定方法いろいろ

マンションのオーナーにとって、査定価格がどのように決められるのかはとても気になるトピックだと思います。

 

今は売る気ではないにしても、将来タイミングを見計らって売るつもりの人もたくさんいることでしょう。

 

また現在は売る気はゼロでも、将来はどうなるかわかりません。

 

そこで知っておくだけでも、いざというときに便利なのがマンションの査定方法です。

 

マンション査定の方法は、以下4つに分けることができます。

  • 取引事例比較法
  • 新築マンション比較法
  • 原価法
  • 収益還元法

それぞれの方法で算出される価格は異なってきます。

 

では、早速それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

マンションの査定方法紹介

マンションの査定方法紹介 

取引事例比較法

 

中古マンション比較法とも呼ばれます。

 

この方法は中古マンションを査定する方法で最もポピュラーな方法です。

 

この方法にはルールがあります。

 

財団法人不動産流通近代化センターが定める「中古マンション価格査定マニュアル」に沿って価格が出されるのです。

 

この方法は、査定するマンションと似た条件のマンションの過去の取引情報と比較して査定価格を出す方法です。

 

  • 交通条件
  • 環境条件
  • 街路条件
  • 行政的な条件
  • その他の条件など

 

上記のような条件からよく似た近隣のマンションの事例を引き合いにするのです。

 

これらの条件をよく検討した後に点数で評価がなされます。

 

その点数が近隣にあるマンションよりも高ければ、近隣マンションよりも高い価格で売りに出されます。

 

低ければ価格は安くなります。

 

新築マンション比較法

 

この方法は名前のとおり同じマンションが新築のときの価格と比べてどのくらい安くなっているかという判断基準で査定が行われます。

 

  • 建築年数
  • 老朽化の進み具合
  • 修理の必要の有無など

 

主に上記の項目を見て、新築マンションの分譲価格を基準にして差し引いていきます。

 

このように価格を下げていくことを減価修正と呼びます。

 

しかしマンションの価格帯が流動的であること、設備や周辺環境も時代とともに変わってきていることなどを含めると、この方法は査定額を割り出すのが難しいのです。

 

よってあまり使用されない方法です。

 

原価法

新築マンションの販売価格を決定するための方法です。

 

ここでは中古のマンションの査定について話していますので関係ありません。

 

収益還元法

賃貸マンションの査定に使われます。

 

一度賃貸された物件は自宅ではなくなり、商業用の施設とみなされます。

 

よってローンが組めないので、一般的には賃貸マンションだった物件があまり出回っていません。

 

もし近隣に取引事例があまりないのであれば、この方法が使用されることもあります。

 

中古マンション査定は、取引事例比較法が主に使われます。

 

目安になるのはやはり自分のマンションと似たマンションの取引事例といえます。

 

これを見ることで大体の予想の価格を知ることができます。

 

売主が始めのステップとして行えることとして、ネット上で一括査定を行うこと、近隣の似たマンションの取引事例を探すことです。