賃貸中のマンションは査定できるか

賃貸中のマンションは査定できるか 

賃貸中のマンションを売却したいけど、査定はできるだろうか?と考えるオーナーさんもいると思います。

 

結論から言うと、賃貸中でもマンション売却査定はできます。

 

でも賃貸しているわけですから、賃貸している人もかかわってきます。

 

少し慎重になる必要があります。

 

賃貸中のマンション売却については、どんな売却をするのかで売却方法に変化が出てきます。

オーナーのみ変わる

賃借人はそのままで、オーナーだけ代わる場合はどうでしょうか?

 

まず、注意点としてはたとえマンションの1室でも他人に賃貸中であれば、自宅ではなくなります。

 

よって買主の幅も狭まります。

 

一般的な居住目的ではなく、投資目的での購入になります。

 

買主はローンなどを組むことはできません。

 

しかし、法律的には違法ではありません。

 

普通に売却できますので、マンションの査定をしてもらってかまいません。

賃貸契約終了後に売りたい

賃貸契約終了後に売りたい 

賃貸契約には

 

  • 一般借家契約・・・オーナーは賃借人に契約満了の6〜12カ月前までに契約がいつ終わるかを知らせなければならない
  • 定期借家契約・・・契約の期限さえ来れば、退去してもらうことが可能

 

の2タイプがあります。

 

一般借家契約の場合

以下を賃借人に知らせなければなりません。

 

  1. 契約満了の6〜12カ月前までに契約がいつ終わるか知らせなければならない
  2. 退去して欲しい正当な理由を知らせなくてはなりません。

 

ただしここで注意したいのは、退去してほしい理由にあります。

 

もし売却のためならば、正当な理由とはみなされず、売却は困難になります。

 

もしも借主がこのまま住み続けたいというのであれば、トラブルになります。

 

そうなってくると引越代やそのほかの代金が発生してしまいます。

 

一度不動産会社に相談してからこのような場合は、売却へと話を進めたほうがいいです。

 

定期借家契約の場合

 

契約の期限さえ来れば退去してもらうことが可能なので、それを基準にして売却の準備を進められます。

 

早めの準備で、より円滑な売却が行えます。

 

契約終了がまだ先でも準備だけは進めましょう。

 

まずは、査定サイトでマンションを査定してもらうことから始めましょう。

賃貸契約中の売却

賃借人に引っ越してもらうように、話し合いをしなければなりません。

 

もしも交渉がうまくいかなければ最悪は裁判になります。

 

まずは不動産会社への相談から始めましょう。

 

査定サイトでマンション査定をして、相場を知ることも準備のひとつです。

 

 

賃貸中に売却は可能ですが、あらゆる可能性を考えるならば契約が終わるまで待つのがベターでしょう。

 

さらにマンションの査定方法は、現在賃借人がいるか、いないかでも変わってきます。

 

賃借人がいないのであれば、購入する人は居住目的で購入できるのです。

 

つまり取引事例比較法での査定額が出ます。

 

逆に賃借人がいならば、買主は投資目的での購入になります。

 

収益還元法での査定になりますので、査定額に違いが生じます。