査定が高くならないマンションとは?

査定が高くならないマンションとは? 

マンションという高額な不動産物件を、現金一括でポンと買える人はそれほど多くありません。

 

ほとんどの場合、何十年という住宅ローンを組んで購入するのではないでしょうか。

 

そのため、購入時にローンを組んだマンションを売却する時に住宅ローンがまだ残っているということは決して珍しくないわけです。

 

多くの場合には、売却で手にした金額で住宅ローンを完済し、出来れば手元に少し残したいなと期待している人もいるかもしれませんね。

 

しかし現実的には、マンションを売却した費用をすべて住宅ローンに充てても、住宅ローンが完済しきれないというケースもあります。

 

新築で相場よりも高めの物件を購入し、何年か住んだのちに売却することになったけれど、市場価値が下がっているために期待通りの査定額が出ず、ローンが残ってしまうということも、決してゼロではありません。

 

その場合には、住宅ローンが残っているマンション、つまり抵当権付のマンションとして売却することになります。

 

 

抵当権付きのマンションは査定額が低くなる

抵当権付きのマンションは査定額が低くなる 

購入側から見ると、その物件に対して自分ではない他者が抵当権を持っているということになるので、決して気持ちよいものではありません。

 

弁護士を通して法的な手続きをすることはできますが、費用も掛かりますし、なんといっても面倒。

 

購入する側としては「別にこの物件でなくても他にもあるし」ということになってしまうわけです。

 

そのため、売却しても住宅ローンが残ってしまう可能性がある物件は、査定額が低くなる傾向にあります。

 

売却しても大きな損をしてしまうこともあるので、ローンが完済できるまで物件を賃貸に出すか、引越しはせずにそこに住み続けるかなど、売却以外の選択肢も検討する必要があります。

 

もちろん、周囲から不足分を借りるとか、貯金を出し切る、という選択肢もありますが、基本的には査定額が住宅ローン完済できるラインよりも低かった場合には、売却以外の選択肢を選んだほうが賢いことも多いようです。