不動産売却と第三者の意見について

不動産売却と第三者の意見について 

これから不動産売却を考えている際に重要な事、それは第三者の意見にも耳を傾けることです。

 

物件を売る場合、多くの人が不動産業者を利用する事で、大体どの程度の価値がその物件にあるのかを調べる事になります。

 

そして、大抵の場合では、自分が考えていた価格帯よりも低くなる事がほとんどであり、なかなかその価格帯に納得できず、最終的には自分で買い手を探す人もいます。

 

不動産の売却を考えている場合に多くの人が陥りやすい問題、それは自分の持っている固定概念にとらわれてしまう事によって、なかなか冷静な判断ができないという事です。

 

ですので、個人で物件を売り出している人の中には、第三者が考えるよりも遥かに高額な価格帯を付けている場合もあります。

 

しかし、相手の意見を無視したような価格帯を付けている場合には、なかなか物件の売却先を見つける事ができないため、不動産業者が示す価格帯よりも低い値段で交渉をしてしまいます。

 

意見を聞く「第三者」の選び方と売却価格の認識の仕方

意見を聞く「第三者」の選び方と売却価格の認識の仕方 

第三者の意見を聞く際には、土地や物件の専門的な評価を行っている業者に頼むといいでしょう。

 

これらの業者の特徴としては、不動産業者のように、その物件の買い手を早い段階で見つける事ができるかどうかで評価をするのではなく、あくまでもその不動産その物の値段を客観的に評価してくれます。

 

自分の希望価格と、不動産側が提案する価格、その他の業者を利用した際の価格を比較しながら、最適な最低ラインを考えておくと、より交渉をし易くなります。

 

そして、価格設定帯に関しては、必ず最高価格と最低価格の間にある程度の差を設けておく事で、相手側の交渉によって、柔軟に希望売却額を変化できるようにしておくといいでしょう。