不動産価格はどうやって査定される?「価格査定」について

不動産価格はどうやって査定される?「価格査定」について 

不動産の価値を査定してもらうには「不動産会社」もしくは「不動産鑑定士」に依頼します。

 

通常は、不動産を売却するために査定が必要となりますので、比較的、前者が多くなっています。

 

そこで、今回は不動産会社に売却を依頼する際に行う、「不動産査定」の方法をご紹介します。

 

不動産の「価格査定」を依頼しましょう

 

まず、不動産一括査定サイトを利用したり、お近くの不動産会社等から、依頼する不動産会社を数件にまで絞り込みます。

 

次に、売却する不動産の価格査定を依頼したいという旨を説明し、担当者からのメールや電話等で、話を聞いてみましょう。

 

コミュニケーションをよく取る事で、その不動産会社が、本当に信頼出来るかどうかを見極める材料となります。

 

このような積み重ねが、結果的に、あなたの大事な資産を最適な価格で売却する事に繋がるのです。

 

「売り主」「買い主」双方の為に、不動産会社が存在するのです

 

不動産の取引を専門としている不動産会社が、売買取引を目的として不動産の価格を評価する事を、「価格査定」と呼びます。

 

この価格査定によって、その不動産会社から売り出される価格を決定されます。

 

その査定方法は、不動産会社独自のこれまでの取引事例などを参考に、客観的かつ合理的に判断されます。

 

売り主はより高値を望み、買い主は適正価格より安値を望んでいます。

 

その双方のバランスを取るために、仲介するのが「不動産会社」ということになります。

 

同時に「賃貸料金」の査定もすることが出来ます。

同時に「賃貸料金」の査定もすることが出来ます。 

不動産の価格査定は、同時に複数会社に依頼する事が可能です。

 

会社ごとに、独自のノウハウを持っていますので、当該物件に最適な不動産会社を、比較することをお勧めします。

 

また、この場合の注意点が、「条件を同一」にしなければ、比較が出来なくなってしまいます。

 

売却と並行して、賃貸を検討している方は、賃貸料金の査定も同時に依頼する事も可能です。

 

まずは、気軽に不動産会社と相談してみましょう。

不動産査定をするにあたって

不動産会社の円滑な査定に協力しましょう

 

不動産の査定にあたって必要な物は、下記の土地や建物などの書類になります。

 

  • 登記簿謄本
  • 地図
  • 重要事項説明者や建築関係書類等

 

基本的な価格査定は、以上の書類で進める事が出来ますが、出来るだけ多くの書類や資料を用意してく事が望ましいです。

 

物件の内容によっては、証明書や確認書、参考書類等が必要となるケースがあります。

 

より正確な売買価格を、スムーズに査定してもらう為にも、不動産会社への協力体制を築いて行きましょう。

 

査定価格の根拠となる情報は、なるべく書面で頂きましょう

 

さて、不動産会社から、当該物件の査定価格が算出されました。

 

提出された価格について、そのまま鵜呑みにするのではなく、納得できる根拠のある説明を受けましょう。

 

価格査定書を書面で交付して頂く以外にも、取引事例等の資料やデータの提示や、経験論に基づく情報や知識等を、なるべく書面で頂くようにしましょう。

 

専門的な分野ですので、あなたが第三者にも説明出来るほど理解出来る内容で、査定書や関連資料の提出をお願いしましょう。