マンション売却の際の代金受領・引き渡しの手続き

マンション売却の際の代金受領・引き渡しの手続き 

マンション売却の際には、やはり代金の受領と、物件の引き渡しが重要になります。

 

不動産業者に依頼し、長い時間をかけていろいろな作業をするのも、結局はこの二つを無事に完了させるためです。

 

今回は、そのために確認しておきたい重要事項を紹介します。

物件の引き渡し日について

引渡し日についてですが、これは契約書に明記されています。

 

具体的な日時が書いてあるので、しっかり確認しましょう。

 

物件は、引き渡し日までに買い主がいつでも入居できるような状態にしておかなければなりません。

 

しかし、この引渡し日は、売主側である程度調整することができます。

 

それは不動産業者との間で行うので、要望がある場合は早い段階で伝えておきましょう。

 

直前になって変更するのは難しく、基本的に契約書の内容は一度決めたら変更は面倒です。

物件の代金受け取りについて

物件の代金を受け取りが完了するまでには、以下のような手順が必要です。

 

手付金の受取

 

売買契約を交わす際に手付金の支払いがあります。

 

登記申請

 

物件の所有者を移転させるなどの手続きです。

 

法律が関係する専門的な手続きであり、司法書士などに代理申請してもらうことが多いようです。

 

残代金の受取

 

上記2項目が完了すれば、残代金を受け取ることができます。

 

領収書の発行

 

代金をすべて受領した際は、領収書を発行します。

その他確認しておきたい重要事項

その他確認しておきたい重要事項 

物件の権利と固定資産税について

物件の権利は、引き渡しが完了するまで売り手のものです。

 

そうなると、売り手は固定資産税を引き渡しの日まで支払うことになります。

 

これは日割り計算をした上で売り手が支払うことになるので、しっかり確認しておきましょう。

 

物件に関する書類の引き渡し

書類の引き渡しもしっかり行いましょう。

 

主な書類は以下になります。

 

  • マンションの管理規約、あるいはパンフレットなどマンションの書類
  • 保証書、取扱説明書など物件内の設備の書類

 

契約が済んだ後もなにかと手続きが多いので、最後まで気を抜かずに行いましょう。

 

気になることがあったら業者や専門家へ随時相談すると、トラブルを避けられます。