不動産査定に必要な書類

不動産査定に必要な書類 

不動産査定を依頼する場合、その物件の関連書類が必要となります。

 

また、机上査定とはいえ、より正確な価格査定を行う為には、多数の参考資料があることが望ましいです。

 

ここでは、不動産会社が最低限求める書類と、その他準備しておくと望ましい資料をご紹介します。

 

不動産査定の依頼に、最低限必要な書類とは?

まず、不動産査定を依頼する場合は、通常「簡易査定」というものを行います。

 

そのために、最低限必要な書類が、登記簿謄本(登記記録)であり、なるべく新しい日付の物を用意しましょう。

 

手数料が掛かる為、古い登記簿でも対応して頂ける場合もありますので、それから変更がない場合は、とりあえずは対応して頂けます。

 

ただし、正確な査定を希望されるのであれば、不動産会社より再提出を求められる場合もあります。

 

最初のうちに済ませておくことが望ましいです。

不動産査定の際に必要な、基本的な書類について

不動産査定の際に必要な、基本的な書類について 

登記簿の他には、売主に関するもの、権利に関するもの、建物に関するものの書類が必要です。

 

一戸建てかマンションかで、提出を希望される書類が変わってきます。

 

下記がその例となりますので、ご参考ください。

共通書類

身分証明書・実印・印鑑証明書・住民票

 

売主の本人確認の為の書類です。

 

共有名義となっている物件は、共有者全員のものが必要となります。

 

有効期限は、発行から3か月以内となります。

 

登記済権利書または登記識別情報

 

通称、「権利書」と言われています。

 

これは、法務局から登記名義人に公布される証明書類なので、非常に重要な書類です。

 

平成17年以降に取得した物件であれば、登記済権利書の代わりに登記識別情報が発行されている場合があります。

 

その際は、登記識別情報を準備します。

 

土地測量図・境界確認書

 

土地の面積や測量を証明する書類です。

 

坪数だけでなく、形状を知ることが出来ます。

 

また隣地の境界が複雑な場合は、その証明書を求められる場合があります。

 

固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書

 

固定資産税の納税額を、正確に確認するために必要です。

 

また、移転登記等において、登録免許税の算出に必要となります。

 

一戸建ての場合

  • 建築確認済証および検査済証
  • 建築設計図書
  • 工事記録書等

 

分譲マンションの場合

  • マンションの管理規約または使用細則
  • マンションの維持費等の書類(管理費、修繕積立金、管理組合費、会費等)
  • 耐震診断報告書・アスベスト使用調査報告書

 

そのほか

  • 購入時の契約書・重要事項説明書など
  • パンフレットおよび広告資料
  • ローン残高証明書・ 銀行口座書類
  • 地盤調査報告書・住宅性能評価書・既存住宅性能評価書

 

不動産売却にあたっては、最適な査定をスムーズにして頂けるためにも、また購入希望者に対して、不安にさせないためにも、上記の書類は準備しておきましょう。

 

このように、より高額に査定をして頂くために、また後のトラブルや問題が発生しない為にも、不動産会社へのあなたの協力が必要不可欠です。