「財産分与」という理由で不動産価値の査定が必要な場合

「財産分与」という理由で不動産価値の査定が必要な場合 

不動産の価格を査定する場合は、ほとんどの場合は不動産売却を目的としています。

 

ですが、「財産分与」という理由で、不動産価値の査定が必要な場合もあります。

 

ここでは、そんな「財産分与における不動産査定」についてご紹介致します。

不動産査定は「売却」だけではありません

不動産査定は「売却」だけではありません

まず、不動産を財産分与する「理由」というのは、下記2パターンが最も多くなっています。

 

  • 離婚調停・・・夫婦の共同生活において、取得した不動産や動産といった所有物等の資産は、原則2分の1に分けなければならない
  • 遺産相続・・・土地や建物を、法律で決められた権利に応じて分けなければならない

 

離婚調停における不動産財産分与

正直なところ、不動産を財産分与する理由で圧倒的に多いのが「離婚調停」によるものです。

 

たとえ、男性の名義のものであっても、女性が半分所有する権利が存在しています。

 

多くのご家庭では、男性が主な収入源ですから、離婚後の別生活において、女性の方にばかりに、負担がいかないようにしているのです。

 

しかしながら、建物や土地、車等を真っ二つに半分にする事は出来ません

 

そのために、不動産の価値を査定して、所有者をどなたにするかを決定後、その半分を現金もしくはそれ相応の資産で賄う必要があるのです。

 

通常は、その不動産物件に、どちらかが住み続ける場合がほとんどですが、中には、不動産を売却して、その売却金額を半分に分ける方法もよく取られています。

 

遺産相続における不動産財産分与

親族等から不動産を遺産相続する場合も不動産の「財産分与」が必要なケースがあります。

 

遺産相続は事前に取り決められることがほとんどですが、そのような場合であっても、土地や建物を、法律で決められた権利に応じて分けることが出来にくいことがあります。

 

この場合も、不動産の価値をしっかりと査定して頂き、それ相応の現金や資産で賄う事が通例となっております。

 

しかしながら、親族間の財産分与は、権利の主張によるトラブルが付きものです。

 

特に、遺産相続においての所有権利は、様々な観点から検証される場合が多く、後のトラブルを起きにくくするためにも、事前にしっかりとした不動産査定がより重要となっています。

 

その場合は、「不動産鑑定士」に直接依頼するのが望ましいとされています。

不動産を取り扱う者は、その責任重大さを痛感すべきです

不動産の査定は売却のみならず、財産分与におきましてもその重要性は高くなっています。

 

その査定結果によっては、利益を得るものいれば、不利益を被る方も必ず存在しています。

 

不動産会社は、そのような重たい責任を持って、あなたの大切な財産である不動産を、慎重に親身に査定をしていくのです。

 

また、不動産会社にお勤めの方は、今一度、そういう責任を背負っている事を再確認して頂きたいものです。

 

不動産を所有の方で、もし今後、売却を検討されている方は、ぜひ一度、不動産一括査定サイトをご活用頂くことをお勧め致します。