子育て

柔軟剤が子供に与える悪影響に注意!柔軟剤の選び方やおすすめ商品も

更新日:

衣替えの際、久しぶりに引っ張り出した子供の服はまだ柔軟剤が香っていました

「こんなに長く香りが残るの?最近の柔軟剤は優秀だなー」

なんて思っていましたが、少し考えてからすぐに怖くなりました。

 

これって柔軟剤の成分がずっと服に残ってるってことだよね・・・?

 

直接子供の皮膚に触れる服

子供への影響はないのか気になって調べてみました。

 

“香り長続き”が流行りの柔軟剤に思うこと

“香り長続き”が流行りの柔軟剤に思うこと昨今はデオドラントブームで、柔軟剤も各社がこぞって様々なものを出しています。

“香り長続き”とか“汗に反応して~”とか、着るときにこそ持ち味を発揮することを売りとしているものが多いですよね。

 

なんで香りが長続きするの?

何が汗と反応するの?

 

化学物質なんだろっ!と思いながら柔軟剤の成分表を見てみましたが、体に良さそうなものは入ってない気がしました。

 

柔軟剤の主成分といい香りの正体

柔軟剤の主成分といい香りの正体

柔軟剤の成分

  • 陽イオン界面活性剤
  • 合成香料

柔軟剤がもたらす子供への影響を知りたくて、柔軟剤の主成分といい香りの正体を調べてみました。

各社で成分は似たり寄ったりでありつつもそれぞれ違いもありつつといった印象ですが、主なものは陽イオン界面活性剤と合成香料だと考えられます。

 

陽イオン界面活性剤

陽イオン界面活性剤柔軟剤の多くは陽イオン界面活性剤が使用されています。

そのなかでもいろいろ種類があってそれぞれ性質があるそうなのですが、細かいことは頭爆発しそうなので端折ります。

伝えたいことはひとつ。

陽イオン界面活性剤は毒性が強いということ。

これが原因でアレルギー反応やアトピーなどの肌トラブルを引き起こす事例はたくさんあるそうです。

大人より子供の方がそういったものに反応しやすいので、子供への影響を考えると心配になりますよね。

 

合成香料

合成香料なんかもういろんな香り成分を混ぜて人工的に香りを作っているってことでしょうね。

柔軟剤の香りは人工物であり、天然の香りではないということです。

天然の香りがあんなに強く香ったり長続きしたり汗と反応したりするっていうのは考えにくい。。。

人工香料がずっと服にまとわりついて子供の体に入ったり付着したりするのを考えると、子供服を柔軟剤で香りづけすることの意味がわからなくなります

 

子供のために知っておきたい昨今の柔軟剤トラブル

子供のために知っておきたい昨今の柔軟剤トラブル

柔軟剤の問題点

  • 香りがきつい
  • 成分表示義務がない

柔軟剤の主成分をある程度知ったところで、昨今の柔軟剤トラブルについて考えてみましょう。

子供を有害なものから守るために、知っておいて損はありません。

 

香りがきつい

香りがきついすれ違うだけで柔軟剤の香りがすごく匂う人っていますよね。

匂いは確かにリラックス効果や体臭予防などが期待できますが、他人のきつい香りによって頭痛や吐き気などの健康被害を訴える人が多発しています。

現在は香害やスメルハラスメントという言葉が一般的になってくるほど、きつすぎる香りが問題になっているのです。

自分の子供が体調不良になったり、香害の加害者になったりすることも考えられます。

 

成分表示義務がない

成分表示義務がない前述しましたが、主成分である陽イオン界面活性剤は毒性が強いといわれています。

なので、毒性が強くない成分が使われている柔軟剤を選びたいところですが、なんと柔軟剤には成分表示義務がありません

表示されている商品でも、全部が明らかにされているかどうかは謎です。

何が使われているかわからないものを子供の服に使うのは怖いですよね。

 

柔軟剤の成分が子供に及ぼす影響

柔軟剤の成分が子供に及ぼす影響

子供にまつわる柔軟剤の悪影響

  • 肌トラブル
  • 体調不良
  • 化学物質過敏症の発症
  • 嗅覚の劣化

衣類などの肌触りをよくするためなどの理由でよかれと思って使っていた柔軟剤ですが、今のところあまり子供の体に良い影響を与えてくれそうにありません。

では、実際にどのような悪影響が報告されているのでしょうか。

代表的なものの一部を紹介していきます。

 

肌トラブル

肌トラブル子供の肌は大人よりも敏感なので、保護者がなんともない柔軟剤でも子供の肌に悪影響を及ぼす可能性があります。

毒性の強い柔軟剤が原因で、肌がカサカサ乾燥して痒みが出たり、蕁麻疹や湿疹が出たりする子供は少なくありません。

 

体調不良

体調不良柔軟剤のきつい香りを嗅ぐことで不快感を覚え、頭痛や吐き気を引き起こす子供もいます。

肌トラブルがなくても匂いを嗅ぐことで鼻から毒性の強い成分が体に入ることもあり、それが要因で体調に支障をきたすことも。

脱力感や筋肉のこわばりなども報告されています。

 

化学物質過敏症の発症

化学物質過敏症の発症化学物質過敏症とは、普通の人が臭いを感知できないほど極微量の化学物質を吸い込むなどすると中毒症状を起こし、体調不良を引き起こす病気です。

地下鉄サリン事件や震災による化学物質汚染など、大量の化学物質に曝されるなどすると発症することがありますが、日常生活で使用する柔軟剤など極微量の化学物質でも長期間曝されることで発症する恐れがあります。

子供が発症してしまうと学校などでの生活にも支障をきたし、体だけでなく心にまでダメージを負ってしまうことも考えられます。

 

嗅覚の劣化

嗅覚の劣化現代の子供たちは、デオドラントブームによって強い匂いのなかで過ごす機会が多くなりました。

人工的に作り出されたきつい香りを幼いころから嗅ぎ続けることで鼻がそれに慣れてしまい、嗅覚が劣化してしまいます。

きつい匂いじゃないと感じ取れなくなり、自然の匂いがわからなくなり、ますます強い匂いを求めて化学物質を吸い込むようになるでしょう

 

なるべく子供に悪影響を及ぼさない柔軟剤の選び方

なるべく子供に悪影響を及ぼさない柔軟剤の選び方

柔軟剤選びのポイント

  • 成分表示がされているもの
  • 天然由来のもの
  • 無香料無添加のもの

柔軟剤の危険性について説明してきて、個人的にはもう柔軟剤いらなくない!?と思いますが、使用しなければ使用しないで洗濯の仕上がりがガサガサゴワゴワだとそれはそれで肌にも悪影響

やっぱり柔軟剤で仕上がりをよくしたいですよね。

私のように、どうしても柔軟剤を使いたい!という方のために、私が考える柔軟剤の選び方を紹介します。

 

成分表示がされているもの

前述しましたが、柔軟剤には成分表示義務がありません

だから成分表示がない柔軟剤なんてもってのほか

何が入ってるかわからないものなんて怖くて使えません。

配合されている成分を調べたり比較したりなどができるので、成分表示されている柔軟剤の方がまだ良心的です。

 

天然由来のもの

天然由来のもの柔軟剤の主成分は毒性の強い陽イオン界面活性剤が使われていると紹介しました。

これが体に悪さをする可能性があるので、天然由来の柔軟剤が望ましいです。

「100%植物由来の柔軟成分配合」を謳っている柔軟剤はよく見ますが、成分表示を確認すると陽イオン界面活性剤が使われていることが多々あります。

『100%植物由来の柔軟成分』が少し配合されているだけで植物由来成分だけで柔軟剤が出来上がっているわけではないみたいです、おそらく。

なので、メーカーの謳い文句には気を付けたほうがいいです。

 

無香料無添加のもの

無香料無添加のもの各社そろって合成香料でいろんな種類の柔軟剤を出していますが、香りがきついとあまりいいことがないので無香料無添加のものが良いでしょう。

香料が入っていたとしても、天然精油など自然由来のものが使われているものがおすすめです。

無香料無添加と謳っていても、着色料だけ無添加だったりといろいろなので、成分表示を見て選ぶのが良いでしょう。

 

安心・安全?人気の柔軟剤

安心・安全?人気の柔軟剤

使ってみたい安全性の高い柔軟剤

  • arau
  • SOMALI
  • ハッピーエレファント

「どれもこれも界面活性剤使ってるじゃん!」

「もう何を信じて選んでいいかわからない!」

という方のために、今後、私が使ってみたいと思っている柔軟剤を3つ紹介します。

どれも子供に優しいであろう成分が使用されています。

もちろん、体に合う合わないは人それぞれあると思うので、ご使用は自己責任でお願いします

界面活性剤不使用の柔軟剤を使ってみた感想はこちら↓

【界面活性剤不使用】肌に優しい安心成分の柔軟剤3つを使ってみた感想

柔軟剤が肌トラブルを引き起こす可能性があることが広まり、界面活性剤不使用の柔軟剤が注目されてきています。 自然由来の成分だと安心はできますが、実際の使用感はどうなのか気になるところですね。 この記事で ...

続きを見る

 

arau

arau陽イオン系界面活性剤が使用されておらず、アトピー肌にもおすすめだそうです。

私には肌が弱い兄がいますが、皮膚科に行った際に柔軟剤を変えることを提案され、arauを勧められたそうです。

皮膚科医が勧める商品は安心感高いですよね。

香料がラベンダー油なのもポイントです。

商品について詳しくはこちら↓

 

SOMALI衣類のリンス剤

SOMALI衣類のリンス剤石油由来界面活性剤、合成香料、合成着色料、石油由来防腐剤、旧表示指定成分、5つの不使用をルールとしているSOMALI。

柔軟剤に当たるかどうかわかりませんが、衣類をリンスするという発想で作られた衣類のリンス剤を出しています。

洗いあがりもふんわり感を出してれ、かつ自然由来の成分でできているので子供の衣類に安心して使える点が良いですね。

 

ハッピーエレファント

ハッピーエレファント100%天然由来原料で商品を販売しているハッピーエレファントの柔軟剤は、食品成分で作られています

柔軟成分の大豆レシチンが繊維の表面を滑らかに仕上げて、やさしい洗いあがりにしてくれるようです。

 

まとめ

柔軟剤の主成分は陽イオン系界面活性剤が使用されているものが多く、毒性が強いので子供に悪影響を及ぼすことがあります。

また、合成香料で強い香りに曝されていると化学物質過敏症の発症や嗅覚の劣化などが引き起こされることがあるので注意が必要です。

強い香りは自分だけでなく、周りにもよくない影響を与え“香害”になる恐れがあるので、柔軟剤の使用は十分に配慮しなければなりません。

とはいえ、柔軟剤には成分表示義務がないので、何が入っているかわからないものも少なくありません。

そういったものは使用せず、成分表示がされており、なるべく天然由来の成分でできているものが良いでしょう。

arauやSOMALI衣類のリンス剤、ハッピーエレファントは陽イオン系界面活性剤や合成香料が使われていないので、一度試してみる価値はあると思います。

 

界面活性剤不使用の柔軟剤を使ってみた感想はこちら↓

【界面活性剤不使用】肌に優しい安心成分の柔軟剤3つを使ってみた感想

柔軟剤が肌トラブルを引き起こす可能性があることが広まり、界面活性剤不使用の柔軟剤が注目されてきています。 自然由来の成分だと安心はできますが、実際の使用感はどうなのか気になるところですね。 この記事で ...

続きを見る

 

 

-子育て

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.