住まいのコラム

おしゃれで洗いやすい!使える水筒クリアボトル紹介。100均商品も優秀

更新日:

日常的に使う水筒に、洗いやすさ、デザイン性に優れた『クリアボトル』はいかがですか?

水筒には飲みやすいストロータイプや保冷保温機能の魔法瓶タイプなどありますが、クリアボトルが断然おすすめです!

熱中症が怖い今の時代、水分の持ち歩きは必須なので水筒に家庭のお茶を入れて外出している人も多いでしょう。

毎日使う水筒は、衛生面などを考えると洗いやすいものを選ぶのが吉です。

さらにおしゃれだったらもう言うことなしですよね。

パーツが多かったり複雑だったりする魔法瓶タイプやストロータイプは洗いにくいですが、クリアボトルは洗いやすいしトレンドのクリア素材で見た目も抜群に可愛いです。

さらに軽さや飲みやすさなども兼ね備え、たくさんの種類が販売されているので選ぶのも楽しいですよ。

お気に入りのクリアボトルを持っていれば毎日の外出が一味違ったものになるし、わざわざ外で飲み物を買うよりも節約になります。

そこで今回は、数ある水筒のなかでぜひとも使ってみて欲しい『クリアボトル』を紹介しますね。

 

水筒は洗いやすいものを選びたい

水筒は洗いやすいものを選びたい

私の嫌いなタイプの水筒とその理由

  • ストロータイプ・・・パーツが複雑で手入れが行き届かない
  • 魔法瓶・・・重たい
  • コップタイプ・・・直飲みで手軽に飲みたい

上記の理由で、私は魔法瓶タイプやストロータイプ、コップタイプの水筒はあまり好きではありません。

洗いにくかったり手入れが行き届きにくかったりするものは、特に使いたくありません。

毎日にようの使うものなので、やっぱり清潔に保てるものが一番です。

 

魔法瓶タイプを使っていた私を襲った悲劇

魔法瓶タイプを使っていた私を襲った悲劇

タイプのデメリット

  • 重たくて持ち運びには向かない
  • 飲み口が大きいからドバドバ出てきて飲みにくい
  • パーツが多くて洗うのが面倒くさい

魔法瓶タイプが嫌いとはいえ、保温保冷機能に魅力を感じて一昔前までは直飲みの魔法瓶タイプを使用していました。

“お手入れしやすいものを”と思って、パーツが分解できて隅々まで洗える水筒を購入したんですよ。

でも、使いにくくて今では棚の奥で眠っています(笑)

具体的にどんなところが使いにくかったのか、ひとつずつ説明しますね。

 

重たくて持ち運びには向かない

重たくて持ち運びには向かない

魔法瓶は、その最大の特徴である保温保冷機能の構造上、重いんですよね。

「魔法瓶の水筒を持って歩くと肩が凝る!」と言っても過言ではないかもしれません。

軽いものも発売されてるみたいですが、それでも200g前後。

飲み物入れるとさらに重くなるから、入れ物が軽いに越したことはない!

 

飲み口が大きいからドバドバ出てきて飲みにくい

飲み口が大きいからドバドバ出てきて飲みにくい

洗いやすさを重視して選んだので、おのずと飲み口が広いものを使っていました。

飲もうとすると、口が受け止めきれないほどの飲み物が出てくることが度々。。。

ゆっくりゆっくり傾けていかないと上手に飲めませんでした。

まるでコップを初めて使う乳幼児の気分でしたよ(笑)

 

パーツが多くて洗うのが面倒くさい

パーツが多くて洗うのが面倒くさい

清潔に保ちたいがために、パーツを分解できて洗えるものを選んだんですが、そのパーツがばらばらあって洗うのがすごく面倒くさかったです。

分解したり組み立てたりする手間も加えるとなおさら。

面倒くさすぎて「洗うのやめて水で濯ぐだけにしようかなー」とか思ったことも何度か。

本末転倒ですね。。。

 

隅々まで洗えても魔法瓶は使いにくい

とにかく、魔法瓶は隅々まで洗えるタイプでも自分には合わないということが発覚しました。

でも、保温保冷機能は捨てがたいですよね。

 

おすすめの水筒はおしゃれで洗いやすい「クリアボトル」

おすすめの水筒はおしゃれで洗いやすい「クリアボトル」

クリアボトルの特徴

  • プラスチック製
  • クリア素材

そんな私が「コレだ!」と思った水筒を発見!

それが「クリアボトル」です。

名前を聞いたことがある人も多いですかね?

その名の通り、クリアなボトルです(笑)

ペットボトルのような質感と軽さが特徴で、トレンドのクリア素材はおしゃれでいいですよね♪

見た目の可愛さもさることながら、使いやすさも抜群なので今注目されてるんですよ。

 

クリアボトルは洗いやすい!持ち運びも楽々!

クリアボトルは洗いやすい!持ち運びも楽々!シンプルな構造、かつ、パーツは蓋と飲み口と本体の3つだけなので、洗うのもがすごく楽になりました。

分解も組み立ても簡単なので、手間なく水筒の準備ができます。

また、クリアボトルはその軽さも魅力です。

荷物が多くなりがちな子連れママさんでも気軽に持ち運べるからおすすめ!

 

クリアボトルはこんなに種類がたくさんある!

クリアボトルはこんなに種類がたくさんある!

今や大人気のクリアボトルは、いろんなメーカーがいろんな種類を出しています。

ネットショップを少し見てみても、実に様々な柄やカラーが販売されています。

花柄、動物モチーフ、ディズニーなどのキャラクターものまで。

柄だけでなく、サイズ、形、飲み口や蓋の形状、耐熱温度やメモリなどの機能付きかどうかetc…

挙げればきりがないくらいいろんなタイプがあります。

 

メルペールのトライタンクリアボトル(おはなこねこ)愛用中

メルペールのトライタンクリアボトル(おはなこねこ)愛用中

メルペールのクリアボトルのスペック

  •  内容量:500ml
  •  重量:約80g
  •  サイズ:Φ65×195mm、口径45mm 

そんなたくさんあるクリアボトルのなかで、私が選んだのはメルペールのトライタンクリアボトル「おはなこねこ」です。

やっぱり洗いやすさを重視していたので、シンプルな構造のもの、パーツが少ないものを選びました。

また、直飲みタイプで飲み口が広い魔法瓶では飲みにくさも感じていたので、飲み口付きにしました。

その飲み口もいろんな形状があるので、とにかく洗いやすそうな形を選び、あとはお気に入りの柄かどうか。

それで私の手元にやってきたのがメルペールのトライタンクリアボトル「おはなこねこ」です。

 

メルペールのトライタンクリアボトルおすすめポイント

おすすめポイント5つ

  1. パーツが3つだけシンプル構造だから洗いやすい
  2. 軽いから持ち運びに便利
  3. トレンドのクリア素材でおしゃれ
  4. ペットボトルカバーに入るから温度が保てる
  5. 割れにくいトライタン樹脂素材で耐久性も◎

私がメルペールのトライタンクリアボトルを選んだのには、いくつも気に入ったポイントがあったからです。

洗いやすいのはもちろんのこと、細かい点も含めれば限りなくおすすめポイントが出てくるかもしれません。

そのなかでも特に伝えたい5つのおすすめポイントを紹介しますね。

 

1.パーツが3つだけでシンプル構造だから洗いやすい

1.パーツが3つだけでシンプル構造だから洗いやすい

まずは、私が最大の魅力だと考えている洗いやすさ!

メルペールのトライタンクリアボトルは、本体、蓋、飲み口の3つのみで作られています。

そのそれぞれのパーツもシンプルな形で、変な凹凸や隙間がないから洗いやすいことこの上ないです♪

 

2.軽いから持ち運びに便利

2.軽いから持ち運びに便利

約80gと軽い重量は、私が使っていた魔法瓶の水筒の約1/3!

毎日のように使うし、重さはやっぱり重要です。

魔法瓶の水筒は重たいから持って行くのも億劫だったし。。。

その点、クリアボトルは軽量で持ち運びやすいからいいですね。

 

3.トレンドのクリア素材でおしゃれ

3.トレンドのクリア素材でおしゃれ

クリア素材は水筒以外にも使用されている今年のトレンドです。

バッグやシューズでもそういったデザインのものをよく見るし、とてもおしゃれですよね。

水筒がクリア素材だと中に入れるもので水筒の表情が変わるので、ちょっと楽しいです。

オレンジジュースを入れるとポップな印象に、ルイボスティーだと落ち着いた雰囲気に。

何を入れようか考えるのも楽しみになります。

 

4.ペットボトルカバーに入るから温度が保てる

4.ペットボトルカバーに入るから温度が保てる

メルペールのトライタンクリアボトルは、スリムなフォルムだからペットボトルカバーにすっぽり入ります

おかげで、ある程度は中身の温度を保つことができます

私が捨てがたかった保冷保温機能をペットボトルカバーによって付帯できるので、もう私が魔法瓶を選ぶ理由はなくなりました(笑)

ペットボトルカバーをつけちゃうとクリア素材は見えなくなっちゃいますけど。。。

お気に入りのペットボトルカバーならそれもOKと思いましょう・・・!

 

5.割れにくいトライタン樹脂素材で耐久性も◎

5.割れにくいトライタン樹脂素材で耐久性も◎

トライタン樹脂素材とは、ペットボトルのような柔軟性がある注目の最新合成樹脂です。

耐久性に優れ、28.5mの高さから落としても割れなかったという実験結果もあるほど。

我が家は小さい子どもが3人いるので、もしかしてクリアボトルを投げるかも。

3人の子どもに気を取られて、もしかして私がクリアボトルを落とすかも。

いろいろ懸念があったので、割と丈夫なのがありがたかったのです。

 

メルペールのトライタンクリアボトルの残念ポイント

メルペールのトライタンクリアボトルの残念ポイント

傷がつきやすい

とても気に入ってるクリアボトルなのですが、ひとつだけ気になる点が

それは、小さな傷がつきやすいということ。

トライタン素材はその柔軟性故に落としても割れないほどの耐久性を持っているのですが、しなやかさが仇となって小さな傷がつきやすいのです。

使い始めて約3ヵ月ですが、私のクリアボトルもよく見るとすでに傷だらけ

この先ずっと使っていたら、もっと傷がついて見るも無残な感じになるのかと考えると、ちょっと残念ですよね。

 

水筒以外にも使える!クリアボトルでできること

クリアボトルでできること5つ

  •  フルーツティーやフレーバーウォーターが可愛く作れる
  •  食品の保存容器になる
  •  食品以外のもののストックにも便利
  •  インテリアとして使える

傷がつきやすいという残念な点があるクリアボトルですが、そんなの気にならないほどやっぱり優秀なクリアボトル

水筒以外にも、様々な用途に使える優れものです。

具体的にどんな風に使えるかというと・・・

 

フルーツティーやフレーバーウォーターが作れる

フルーツティーやフレーバーウォーターが作れる

普通の水筒でフルーツティーなどを作っても中身が見えないので面白くありませんが、クリアボトルなら中身が見えるので果物などのカラフルさが可愛さを演出してくれます。

おしゃれですよねー。

女子はテンション上がるはず!

 

食品の保存容器になる

食品の保存容器になる

クリアボトルに入れられるのはのは飲み物だけではありません

パスタやマカロニ、コーヒー豆やお菓子など、食品の保存容器にもなります。

透明だから何が入ってるか一目瞭然だし、とても便利です。

 

食品以外のもののストックにも便利

食品以外のもののストックにも便利

クリアボトルに入れられるのは飲み物や食べ物だけじゃないのです。

ストローや入浴剤などを入れておくと、便利かつおしゃれにストックが可能です。

取り出しやすいし、ストックしているものの残量が見えるのも嬉しいポイントですよね。

 

インテリアとして使える

インテリアとして使える

さらに、クリア素材を活かしてインテリアとしても使えるのがクリアボトルです。

ビー玉などを入れると、お部屋を素敵に彩るインテリアに変身!

利用価値高いですよね。

 

全体的な評価★★★★☆

かなり気に入ってるクリアボトルですが、細かい傷がつきやすいというのは少し心配です。

丈夫だから割れずに水筒として使えていても、小さな傷が増えていって見ていられないくらい傷だらけになったらもう買い替えですよね。。。

そういう不安があるので、★―1

 

クリアボトルおすすめ購入方法(amazonVS楽天市場VS100円均一ショップ)

クリアボトルおすすめ購入方法(amazonVS楽天市場VS100円均一ショップ)さて、これまでクリアボトルを紹介してきましたが、そろそろ欲しくなってきましたか?

欲しくなってきましたよね?

今やいろんなメーカーがいろんなタイプのクリアボトルを出しているので、実店舗でもいたるところで目にします。

しかし、そこはあえて家にいながら様々なデザインを選べることができるネットショップのamazon、楽天市場、そして最安値が期待される100円均一ショップの3つで比較したいと思います。

 

クリアボトル全般の比較

  最安値 関東への配送料 送料無料での価格
amazon ¥158 ¥0
楽天市場 ¥257 ¥700~ ¥500
100円均一ショップ ¥108

 

メルペールのトライタンクリアボトルの比較

  価格 関東への配送料 備考
amazon ¥555~ ¥400 対象商品¥2,000以上で送料無料
楽天市場 ¥667~ ¥500~  
100円均一ショップ 販売してません

 

安さを求めるなら100円均一ショップがおすすめ

各100円均一ショップでもクリアボトルが販売されています。

言わずとも調べたなかではこちらが最安値でした。

しかし、amazonや楽天市場のようにいろんな種類から選ぶことはできません

「デザインは二の次!とにかく安いもの!」をお探しなら、100円均一ショップがおすすめです。

 

amazonはデザインが豊富!amazon内最安値でも送料無料

amazonではいろんなデザインが売られており、なんと最安値は158円

しかも、最安値のものを含めて関東への配送料は無料というクリアボトルがたくさんあります。

デザインも価格もある程度こだわりたい方は、種類が豊富なamazonで選ぶと良いでしょう。

私は最安値のものよりもお気に入りのデザインのものを持ちたかったので、今回最安値のものは見送りました。

 

楽天市場は送料がネック

価格が小さいものを買うとき、楽天市場ではいつも送料がネックとなります。

安いものは送料が割高なのも楽天市場の特徴。

送料無料のクリアボトルでも500円です。

しかも、その500円の商品も100円均一ショップで見たことある気がするものだったし(笑)

なので、楽天市場はあまりおすすめではありません

 

メルペールのトライタンクリアボトルはamazonがベター

私が購入したメルペールのトライタンクリアボトルは、amazonで購入しました。

対象商品を¥2,000以上購入すると送料無料なので、他にも欲しいものがあって¥2,000以上になりそうなときはこの方法が一番お得に手に入れられるでしょう。

プライム会員なら単品でも送料無料なので、アマゾンで即決です。

amazonでメルペールのクリアボトルを買うならこちら

 

多種多様なクリアボトルの選び方や注意点

クリアボトル選びのポイント

  • クリアボトルの形は円柱型を選ぶ
  • 飲み口の有無や形状の違い
  • 蓋は本体と繋がっていないものを選ぶ

クリアボトルは実に様々な種類があるので、どんなのを選べばいいか迷う人も多いでしょう。

なので、洗いやすさなどを考慮した私のクリアボトル選定基準を紹介するので、ぜひ参考にいてください。

 

クリアボトルの形は円柱型を選ぶ

クリアボトルの形は円柱型を選ぶ

ペットボトルのように飲み口が細くなっていたり、胴体が瓢箪のようにでこぼこしていたり、いろんな形のクリアボトルがありますが、洗いやすいものじゃないと衛生面が心配です。

なので、シンプルな円柱型を選びましょう。

食品を入れるなど、水筒以外の用途にも使いやすいので円柱型がおすすめです。

 

飲み口の有無や形状の違い

飲み口の有無や形状の違い

飲み口がついていないと、飲むときにドバドバ出てきて顔面で飲み物を受け止めることになってしまうので、必ず飲み口付きのものを選びましょう。

飲み口がついていれば、フルーツティーやフレーバーウォーターも作りやすく飲みやすいでしょう。

また、飲み口の形状もいろいろありますが、たくさん穴が開いていたりスリットが入っているものは洗いにくいので避けた方がいいかもしれません。

ちゃんと洗っているつもりでも、間に茶渋が残っていることがあります。

 

蓋は本体と繋がっていないものを選ぶ

蓋は本体と繋がっていないものを選ぶ

ちゃんと部品が独立して分解できるのは、洗いやすさのポイントです。

本体と蓋が繋がっているタイプは洗いにくいことこの上ないので、本体と蓋が離れているものがいいでしょう。

 

【比べてみた】メルペールのトライタンクリアボトルvs100均(Can★Do)のクリアボトル

  メルペール 100円均一ショップ(Can★Do)
素材 トライタン トライタン
耐熱(冷)温度 90℃(-20℃) 100℃(-20℃)
容量 500ml 500ml
飲み口形状 メルペールトライタンクリアボトル飲み口 100円均一ショップクリアボトル

amazonでメルペールのクリアボトルを約1,000円で購入したあと、たまたま立ち寄った100円均一ショップ(Can★Do)で似たようなクリアボトルが売られているのを知って、そりゃもうショックでした。。。

安いのあるじゃん!

なんで、あえてCan★Doのも買って比較してみることに。

Can★Do公式サイトはこちら

⇒Can★Do(キャンドゥ)

 

意外と優秀な100円均一ショップ(Can★Do)のクリアボトル

 

意外と優秀な100円均一ショップのクリアボトル

飲み口の形状以外はほとんど一緒です。

しかも、耐熱温度100℃って・・・。

メルペールは公式サイトで90℃ってなっていたので、100円均一ショップの方が有能かもしれません。

まぁ、90℃と100℃の違いを体感することは少ないと思うけど。。。

っていうか、100円だもの。

液漏れしちゃうんでしょ?

蓋閉まりにくいとかでしょ?

と、100円の約10倍ものお金を出してクリアボトルを購入した自分を肯定するためにいろいろ思っていたものの、Can★Doのクリアボトルは結構優秀でした!

横にしてカバンに入れて子供追いかけても液漏れしないし、蓋もちゃんと閉まるし、特に使いづらいことはありませんでした。

なかなかやるじゃないか・・・」と、落ち込みました(笑)

 

飲みやすさ・洗いやすさは若干メルペールのトライタンクリアボトル優勢

飲みやすさ・洗いやすさは若干メルペールのトライタンクリアボトル優勢

100均の方が飲むときに出てくる量が多い

100均の方が飲むときに出てくる量が多い飲み口の形状が少し違うことは前述しました。

100円均一ショップCan★Doのクリアボトルは、メルペールのものに比べて飲み口が少し広くなっています。

なので、飲むときに飲み物が口に入る量がメルペールのクリアボトルより多いです。

勢いよく飲もうとすると口の端からこぼれるかもしれません。

 

100均の方が口当たりが悪い

100均の方が口当たりが悪い100円均一ショップCan★Doのクリアボトルは、飲み口が角張った作りになっています。

メルペールのものは比較的角がなめらかなので、口当たりはメルペールの方が良いです。

 

100均の方が洗いにくい

100均の方が洗いにくい100円均一ショップCan★Doのクリアボトルは飲み口が角張った作りになっているので、スポンジが引っかかって少し洗いにくいです。

穴も開いてるから、使っていくうちに穴の周りに茶渋がついてくるかもしれません。

 

細かい部分を見るとメルペールのクリアボトルに軍配

細かい部分を見るとメルペールのクリアボトルに軍配

全体的にはあんまり変わりませんが、細かい違いを比較すると、飲みやすさや洗いやすさの点でメルぺールの方が優秀だと思います。

それなりにお金出したからそうでないと納得いきませんが・・・。

また、100円均一ショップ(Can★Do)で販売しているクリアボトルはデザインが少ないので、見た目にもこだわりたい人はamazonなどのネットショップでお気に入りを探すのが良いでしょう。

 

まとめ

洗いやすい水筒をお探しなら、今注目を集めているおしゃれなクリアボトルがおすすめです。

たくさん種類があるので、デザインや飲み口の形状、蓋のタイプなどを比較して選ぶと良いでしょう。

価格もピンキリですが、100円均一ショップでも販売されているので手軽に手に入ります。

amazonでも最安値は158円送料無料で買えるので、ネットショップを利用したい人はamazonがおすすめです。

100円均一ショップのCan★Doで購入したクリアボトルとamazonで購入したメルペールのクリアボトルを比較してみると、Can★Doのものは飲み口が角張っている作りなので、若干飲みにくかったり洗いにくかったりすることがわかりました。

細かい差なので気にならない人は100円均一ショップのCan★Doで買うのが一番お得です。

ただ、デザインはネットショップの方が豊富なので、デザインにこだわりたい人はネットショップで探すと良いでしょう。

 

 

-住まいのコラム

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.